t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 情報発信の残念な例

☆生活スタイルは「現状維持と継続」が一番楽な方法だそうです。毎日、決まった時間、決まった方法で、日々、それで幸せという暮らし方もあるのかもしれません…。

●これを壊す方法が「カイゼン!」。これで、トヨタは空前の純益を獲得されました。

・この恩恵を「三河地方や愛知県」は色濃く受け財政的には恵まれているようです。

問題は「この潤沢な財政力を生かし切れているのか?」 (*高浜-富裕度:全国 63位)

● 市民生活に密着する自治運営も「日々、カイゼン活動」があれば、どんなにか進化していたかと思われるのですが、高浜のまちづくり結果「住みよさ」は「全国553位」!?

⇒「残念な結果」としか言いようがありません。歳入「150億円」はどこに消えたのか?

 (*「住みよさランキング」: https://www.sumai1.com/useful/townranking/town_23227/ )

・現代の情報化社会の進展の成果か、施政方針に「行政内部事務の省力化」や「情報発信の強化」を上げられました。しかし、永年、維持継続に慣れ親しんできた体質を変えるのは大変です。

⇒「体質改善は『大ナタを振り下ろす覚悟で、変革に挑戦!』する断行」を要します。

・また「庁内の『カイゼン提案制度』の仕組みや提案状況を知りたいところです?」

---情報発信の事例-------☆---

 ★中央公民館は残念ながら取り壊され、現在、既に「病院建設」が始まっていました。

f:id:t2521:20180511000957j:plain ← ・中央公民館の跡地の「病院建替え工事」

情報見落としたのか、どのような「病院が建つのか」、未だに分かりません! 

高浜市民は、民間病院に「30億円!」運営補助。この建替えに「23億円」補助に加え、公共施設を解体してまで敷地提供、という有形無形の巨額負担をしているのです。

これで「民間病院の建替えは、施政とは関係無い」とは言えないと思います。

・「ホール解体」は市民も犠牲となり 園児から高校生までも巻き込んでいるのです!

この施設を失った損失は計り知れず、高浜の文化の未来も含め、大きな損失です!

 (*「中公や庁舎の早期解体」は「住みにくい街」「ガッカリの街」と感じています…)

施政方針(重点取組み事項)は「情報発信の強化!」のはずです!

・新たなる施政方針の実行、実現にご尽力頂き、実りある成果を市民は期待しています!

・「事後報告」の従来の方法から脱却し、「事前報告」体質に変えて頂きたいのです! 

時代や社会は、それほど「のんびり」と流れていないと思われます。

「現状維持と継続」から脱却は「意識改革」の断行です! 

「意識改革の断行は、職員、一人ひとりとの意思疎通も大切な要素であり、真のリーダーシップが問われる施策」とも言われています。

「まちづくり」の初めの一歩は「庁内の変革」から !

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸