t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 今年度の財政計画

☆新聞記事に、海外から見た「日本」を、「政治が国民から遠い」「政権が変わっても食べ物も着る服もあり、生活に大きな変化は無い」「若者の政治離れは平和な生活が送れているからこそ」と語られていました。 (18.5.13・中日・P.23・愛知総合「グローバル愛S」)

⇒しかし「とても、高浜が平和な生活とは思えないのは『欲張り』なのでしようか?」

★  高浜市制、やがて半世紀。

高浜の富裕度-63位」/814市区。

  しかし、住みよさ-553位」は 矛盾の施政結果では?

 (*三菱UFJ不動産販売「住みよさランキング」https://www.sumai1.com/useful/townranking/town_23227/)

これが施政の成果では残念としか、言いようがありません! 

 適正、適切な「施政のあり方」への修正が必要なのではないでしょうか?

    少なくとも恵まれた財政が「まちづくり」に有効活用されていないことは確かです! 

---市の財政計画--------☆---

★先月、年度予算計画「H30年度 高浜市当初予算の概要」が発表されました。

● 今年度の基本的な考え方は「今年度から10年間に各小学校の大規模改修や建替えが集中し、これまで経験したことのない巨額の財政需要が発生する」とされています。

市は「この大事業を、資料だけで周知」とされ「情報発信の強化」も疑問です?

 ● この「予算概要資料」によると…、

・「地方債(借金)の比率は少なく、全国24位 / (791)」… 市債残高「165億円

・「基金(貯金)の比率は、少なく、全国529位」… 基金残高「24億円」

この財政状態で、公共施設の建設借金は「合計200億円」を予定されています。

   (*H13年-市債255億円。16年経過し-165億円。再び借金計画200億円追加は誤謬では?)

 

市は、更に「借金返済は、将来世代が負うことは公平」と言われます。

・『施設は後世の市民も使う。だから、借金返済は公平』と…

この発想で「借金返済は将来世代が返すから大丈夫!」は適切なのでしょうか?

● 公共施設計画「350億円」に対し「・借金200億円の妥当性」を証明頂きたいのです。

  「・借金200億円の返済計画を説明頂きたいのです」

建設計画資料だけで「市民は承認した」は、限りなく強引な施政と思います!

 「無責任」な市民には なりたくないのです!

 将来世代に、平安・平穏な生活の提供を確信したいのです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸