t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 財政計画 (空き家調査)

市発行の「当初予算の概要」について、続いて検討します。

・P.34-「建築総務事業(空き家等対策計画)-5,022千円」について

---空き家等対策計画------

● この事業は、市内の「空家」が、適切な管理がなされているのか、空家の現状や具体的な対策を講ずるため、現状調査し対策案の作成が目的のようです。

この調査 (調査・分析・計画策定) のため「約500万円」を費やす「委託事業」。

 (*理解出来ないのが、どのような仕掛けで、予算が千円単位まで算定できるのか? )

---市内の「空家」-------☆---

★ 平成20年住宅・土地統計調査 : 「高浜市 - 空き家数  :  470軒

---「空家調査」の委託内容------

・空家や所有者を確認する。

・空家所有者に「アンケート」を実施し、集計・分析する。

・計画策定の協議会(3回程度)を運営支援する。資料と議事録を作成する。

・空家対策計画を策定し、計画書を製本する。

★市職員さんの責任業務であろう範囲まで含め委託される事業のようです。

これは「丸投げ」同然では??

●果たして「費用対効果」や「調査精度」「対策案の適切度」は、大丈夫でしようか?

市民感覚は「外注委託費」は「職員さん 一年分」。高い買い物ではと懸念されます。

---市民の素朴な疑問---☆---

高浜市は「財政削減」と称して「業務委託」を多用されています。

・しかし、結局は「施政や行政職務を丸投げ!」ではないでしようか? 

・ある民間データでは「高浜の住みやすさ - 『全国553位』 / (全814市区)」

    (*[検索] :https://www.sumai1.com/useful/townranking/town_23227/)

まちづくりを「委託」にお任せが、施政レベルが低い理由の一つかもしれません?

「委託事業」のあり方を再検討すべき時節です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸