t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高中・増築と建替えとの整合性?

市発行の「当初予算の概要」、特に、中学校の維持管理について検討します。

1. P.39 -「高中・音楽室の増築工事」-「5,759千円」-[地質調査・測量・設計等] 

不可解は…、

★ 高中は「大規模改修」がH36年~37年の2年間-「16億円」の施設計画があります。

・しかし、「改修計画」の設計図は数年後に検討着手されると思います。

・今年度の「音楽室増築工事」と、どのように組合せ調整されているのか?

最悪の懸念事項は「音楽室」を、大改修時に「解体」という事態も想定されます。

● この説明を省かれ、単純に「音楽室増築」だけでは将来像が見えないのです。

・無謬性の建設計画であれば「音楽室」を組み込んだ「大改修計画」を立案され、今年度は「音楽室」の部分的な施設を増築すると言われれば安心できるのですが… 

 ⇒ 再三の確認ですが「数年間での短期解体は絶対無い」と断言戴きたいものです!

---ご参考 - 高中施設計画---☆---

・外壁改修工事 - H28「12百万円」(高中-南棟北面、西階段壁面)

・外壁改修工事 - H29「54百万円」(高中-南棟、東渡り、西渡り)

・外壁改修工事 - H30「110百万円(借金-82百万円<75%>)」 

外壁の「塗装工事だけで「176百万円」という巨額投入。適正でしょうか?

・音楽室増築工事 - H30「6百万円」(施設計画:地盤調査・測量・設計・確認申請)

・  〃     - H31~「●●百万円?」(施設増築工事)

・大規模改修 - H36~37年「1,591百万円 (借金 - 1,250百万円 <79%>)」

・校舎建替え - H52~53年「3,405百万円 (借金 - 2,087百万円 <61%>)」   

 ⇒ 大改修等 (18億円)後、15年で解体・建替えは「浪費」としか言いようがありません!

(*確か総務省は施設建替え時は「財政負担の軽減化」のため「工期3年推奨」のはず…)  

(*貯蓄率-全国529位と低く、住みやすさ-全国553位。「ハコモノ一辺倒」は疑問です! )

「キリギリス同然の、た・か・は・ま」

「財政削減」を目的に計画された「公共施設推進プラン」は、本当に市民の理解と納得のもとに推進されているのでしようか?

「将来世代」が背負う借金苦は、どのように返済される計画なのでしよう? 

 このままでは、市民が犠牲の「ハコモノ計画」では…?  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸