t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高中・外壁塗装工事の適正化?

先日、聞いた話で「市の鳴り物入りで開始された『市庁舎の窓口受付システム』は、いつの間にか「運用中止」されたとか?」わずか「1年ほどの短命的なシステム運用」 

市民が忍耐強く我慢してきたシステムは崩壊のようです!

・H28年 - 予算書に「総合窓口・総合住民情報システム」-「164百万円」の委託事業!

⇒ この勢いで「ICT」だ、「AI」だと言われ巨額投入されているようですが、掛け声だけに終わる事のなきよう、ご推進頂きたいものです。

  (*市民感覚的には「時期尚早」。他の自治体が開発導入されてから開始が財政節約!)

● このような無駄遣いの責任は、どのように対応されるのか? 市民には厳しく、ご自分達には甘いのでしようか?

---高中・外壁等の改修工事---☆---

★現状は、塗装も薄汚れて劣化が激しい事態ですが、他の自治体の方は「高浜の施設保守は手抜き同然。放置は、逆に改修費用が増大するだけ」と厳しいご指摘だそうです。

●S44年、吉浜小と同年に「高浜中」は校舎新設され、以来「約49年!」。外壁塗装の寿命に驚きを感じます。以外に、塗膜寿命は「長寿命」のようです。

近年、ようやく不満の声が届き、塗装工事が開始されています。しかし、巨額過ぎ!

---高中・外壁等改修工事---☆---         (*前日、記事を抜粋再掲) 

・外壁改修工事 - H28「約8百万円」   (高中-南棟北面、西階段壁面)

・外壁改修工事 - H29「約46百万円」(高中-南棟、東渡り、西渡り)

・外壁改修工事 - H30「予算110百万円  (借金 - 82百万円 <75%>)」・入札中

外壁の「塗装工事だけで「164百万円」という巨額の大工事に発展です! 

---施設計画上の疑問---------☆---

高中は、下記のように校舎の施設工事計画を予定されています。

・大規模改修 - H36~37年 <あと6年> 「1,591百万円 」

・校舎建替え - H52~53年 <あと22年>「3,405百万円」   

 ⇒ つまり、約2億円投入の塗装工事は、あと「20年程」で解体なのです。

● 現在の塗装工事は「寿命50年」、今年の塗装は「20年」で解体は「もったいない!」

  適正、適切な工事のあり方なのでしょうか?

高浜の特徴は「早期解体」が多い事。これは血税の浪費です。この感覚改革が必要!

 (*市民感覚では湯水の如く血税消化されていると感じます。民間では考えられません)

★「ハコモノ」の保守・改修・建替工事をシステム的に!

「もう少し、血税の無駄を排除された方法や手順の採用」

「施設寿命に合わせた工事仕様や工法等の検討確立」等、

 尚一層、緻密な ご配慮を戴きたいものです。

    (*余裕があれば「今回の塗装工法による費用対効果」を公表戴きたいものです)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸