t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 甘い議会審議

● 「高浜市勤労青少年ホーム」(高浜市論地町5-6-4) は、既に解体されました。 

f:id:t2521:20180701152349j:plain f:id:t2521:20180701152706j:plain

・竣工は、昭和50年4月、築42年の、まだ利用できる施設を早期解体は「もったいない」血税の浪費と言えます。残念な施政運営です。

・個人的にも「娯楽室」を利用させて頂き、換気扇など空調も充実した施設でした。

・跡地は「民間企業-プール運営会社」に貸付され、高小の水泳指導に活用予定です。

・このプールの水泳指導の補助費は (推定) 「約8百万円」×「30年間」の情報もあり。

 (*高小に設置のまま-「維持費-年百万」。防災上も有効であろうに…もったいない )

---施設建設の問題---☆---

・さて、今回の問題は、またもや「整地作業」で「恒例の追加予算発生- 約7百万円!」

・解体後の整備途中で「ガレキが出た!」- 約860㎥程度だそうです。

   (*中央公民館、旧市庁舎、高浜小、青少年ホームと工事毎に追加予算は異常では? )

   (*-それも皆、予想通りの追加工事なのです。これを随意契約(競争無し)は、不適切!)

・市政クラブの統制強く「賛成-7名」:「反対 – 6名 (公明+一人会派)」にて議決承認されたそうです。

⇒ しかし、本当に「860㎥」もあるのか? 現場確認をしてきました!! 

f:id:t2521:20180701153218j:plain

☆やはり結果は「黒!」・860㎥であれば、積上げ高さが「2.5m」であれば「底辺は20m四方」必要では?

⇒ 実測結果は「18m×10m」。これを体積試算(立方体)すると「約450㎥」と半分…。

議員さんは「現場確認」もされず「賛成」は無責任では?!

(*「分かっているけど、止められない」議会運営なのでしょうか? … 不適切です… )

---施設建設の問題----☆---  

この「約860㎥」と増し積み説明の「ガレキ産廃」の処分を「プール会社」に委託!?

・更に、跡地「約8千㎡」の上部のガレキを含んだ土をスキトリ、合せて、推定「約4千㎥」の残土処理を、またもや「予算追加!」 次回、臨時議会にて議決予定とか…?

度重なる「巨額工事を随意契約」で議決とは、あきれた施政運営としか言えません!

●「財政削減」のはずの「高浜公共施設計画」は莫大な浪費を強行されています!

  不適切 極まりない施政は許されません!!

  (*「随意契約」: 発注先を決めて発注。原則は「競争見積」にて最安値の業者に発注)

  (*「随意契約」は受注業者の言い値で発注の可能性が高く、乱用は警告されてます。)

高浜は、この「随意契約」を多用傾向が見受けられます。監視が必要な事態です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸