t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン「0%」はひどすぎ!Ⅱ

学校にエアコン設置を! 児童の生命を守りたい! 

高浜市の小中学校のエアコン設置率は「0%!」 今どき考えられない教育環境です!

岡崎市は早速「エアコン設置」を早期化され「20年」までに市内の全小中教室(1,194教室)の暑熱対策を実施宣言!!「約30億円の巨額」です。 (18.8.1 中日・三河版

 (*これを試算すると一教室当り「250万円」は、業務用エアコンのためか高額です)

極めて迅速に対応方針を発表されました。さて、おらが高浜は…?

---高浜の学校エアコンの予算額---☆---

高浜市の小中学校は「小学校-111教室」「中学校-164教室」「専用室-25室(推定)

⇒ 合計「300室」×「250万円」≒ 最大約7億5千万円程度で空調完備のはず

 (*更に、家庭用大型エアコンに切替え等により、コスト削減も可能では…)

ハコモノ「350億円」計画に比べれば、はるかに低額な血税投入なのです…。

・「市政クラブ」議員さんは動かれなのでしょうか?

民間企業には血税投入出来ても、子どもには投入出来ない理由があるのでしようか?

 ・子どもは「施設建設の借金返済の道具」だけなのでしょうか?

 ---業務用エアコンが適切か?---☆---

・恐らく、業者さんは高額な業務用を耐久性等をうたい文句に提案されるでしょう?

・しかし、学校エアコンは「暑熱対策用」で、通年・24時間空調ではないのです。

   (*業務用は、コンビニでも使用され、学校で利用では「過剰品質」かもしれません)

・使用時間は「8時~16時」の8時間! 「夏休み」もあり使用期間は極端に短いのです。

・他方、家庭用は「熱交換器の清掃機能」もあり「健康空調機能」も有り。

・家庭用は「価格」も安価では? 

・家庭用を一教室当り「二台設置」により、気流分布を改善、故障発生時に片機運転で補助可能等のメリットも考えられます。

・室外機も小さく、窓外のベランダスペースに設置可能性も高い。

意外と、学校エアコンの機種選択は「家庭用」が適切とも思われます。

---具体的な機種選定例---☆---

ダイキン・AN56VRP・18畳用(30㎡)・実勢価格 - 約20万円/台 × 2台

学校エアコンのコスト削減の可能性は高いと思われます。

   (*実際には「電源」+「配線・配管」+「設置費」が必要です)

 市民の智慧を結集して、学校空調を対策すべきです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸