t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

町内で起きた不可思議な現象?? Ⅲ

不可思議な現象の背景に、工事監理上の不都合な事実が判明しました。

 ・「鉄筋枠」が倒壊状態になっても、改修・修復の工事が始まる気配が無く、異変を感じていました。

原因は、ようやく判明しました。「工事施工会社が『倒産』」されていたのです。

・恐らく、工事関係者は、後処理の調整や今後の対応につき、難しい調整作業を推進中のことと思います。

このような不都合な情報展開が無いのも「秘密主義」の結果では…。 

---工事カンバン情報から---☆--- 

 工事名        港湾環境整備工事(公衆トイレ)

 工 期      H2911月~H30年6月 

 発 注      愛知県衣浦港務所

 工事監理     〇〇土木コンサルタント

 工事施工者    森 工務店

----------------------------☆--- 

●「会社情報」によりますと「工事施行者である工務店は、去る、H306月、事業を停止し、破産手続き開始申し立ての準備に入った」とあります。

随分前から、工事は止まっていたようです。このため「鉄筋 - 錆」が異様に多量に発生となったようです。錆の理由も分かりました。

・しかし、それにしても、「倒壊」の理由は、未だに不明です。

・ある人は「手抜き工事」「鉄筋が規格外」と言われますが、納得は難しい面もあり…

個人的には「神風」が吹いたと、稚拙(素直)な想像を巡らしています…。

(*市はダンマリを決め込んでいるようですが、市有地管理のあり方として不適切では?

公共施設の「公園」は、市民のものなのか? 行政のものなのか? 

・行政のご都合に合わて、運営管理を進めることが適切なのか? 適正と言えるのか?

 「神風」が吹いた理由をお考え戴きたいと切に願います…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸