t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン「0%」はひどすぎ!? Ⅵ

高浜は「学校エアコン設置」につき、市民に対し、何も回答されていないように思われ、執務怠慢も明らかな事態となっており残念な市政です。ハコモノは強引なのに!?

・近隣自治体は、ここ数か月で、施政方針として「エアコン設置」を即断に比べ、高浜は、季節が秋になり「ほとぼりが冷める」のを待たれているように感じられ、残念 !?

・更に、残念なのは、市政に忖度され「教育委員会」も「PTA」も、エアコン設置につき、積極的な活動の姿・形が見えない事です。

「子ども」より「我が身大事」な様子が見え隠れしていることは大人の誤謬では?

「子どもファースト」の精神こそ、与えられた使命を果たすあり方と思うのですが…

---学校エアコンの進め方---☆---

今後、数年は「厳暑化」し、「エアコン業界」は、全国的に「学校向け」の需要が急増し「製品」も「工事」も、極めて逼迫状態になることが、確実に予想されます。

来夏にエアコン設置を間に合わせるには、上期内の「予約注文」が必要なのです。

・全国的に「製品」の取り合いの事態が予想され「注文順」による出荷となりますから

● 更に「学校の電力容量」も不足でしょう。確認調査が緊急的な課題なのです。

「電柱や、変圧器、受電設備」まで更新となる可能性が多分に予想され、このため、他の自治体は「調査費」や「設計費」の予算化を即断即決されているのです。

エアコン設置の発注から設置まで「約6カ月」を要する事態となる可能性もあります

・例えば「エアコン工事」は終了しても「変圧器」が間に合わず、「運転不可」の事態も、多分に予想され、折角の努力が水泡に帰す事態に陥ることもあります…

⇒「学校エアコン設置」こそ、ハコモノ建設同様「強引推進頂きたい」緊急課題です!! 

 

・「無謬性」や「説明責任を果たす」、あるべき施政運営は時間を要します。

・「エアコン」が無い。「変圧器」が無い。「電気工事屋さんや、空調工事屋さんが手配出来ない」という、無い無い尽くしの社会的な混乱を予測し、「早期決断」「早期発注」が、無謬性、適正な施政運営のあり方と確信しています。

   「子ども」に優しい施政方針の即断即決と、

 計画的な「施政執行」を切望するものです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸