t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 市庁舎建設 - 説明資料の改ざん!? Ⅱ 

・残暑、厳しき折柄、くどい説明(検証)で申し訳ありません。昨日の復習です。

・「削除」された資料を基に、再度、検討したいと思います。

     (*施設竣工後、施設建設の説明資料を改ざん自体が「怪しさ」の証しでは…?)

 

---資料の説明主旨---☆---

●「リース建設-20年」の優位性を表しています。市の説明は「リース-33億円」は「旧庁舎-大規模改修」より「安価-約10%削減」。「支払い-平準化」と説明されています。

「リース建設-20年」と「旧庁舎-大規模改修」は同じ。費用削減-1割も安価。

・これに「疑問」を感じています。市の説明の通り本当に同じなのでしょうか?!

---比較検討(復習)---☆---

1. 庁舎の床面積  (旧)- 約7,800㎡  (100)   (リース)- 約3,700㎡ (47)

 ⇒ 説明会では「リース-約5,000㎡」と誇大説明。 (*反感を抑えるためか…?)  

2. 庁舎の建設費  (旧)- 約37億円  (100)   (リース)- 約33億円  (89)

 ⇒ 説明会では「約10%も削減」と説明ですが、条件は同じでしょうか?   

   (*床面積-「半減」なら効果少なすぎでは?  民間施設仕様のため、更に安価のはず)

  (*市民に正確な情報を開示せず、情報操作され説明された気配が濃厚です…不適切!) 

3. 施設寿命    (旧)- 約35年  (大規模改修)  (リース)- 約20年 (契約) 

説明会では「旧庁舎-耐用年数を60年とした場合」と「リース前提の説明」

 現在、公共施設寿命は「70年」(*他市は「80年」) 。「大規模改修-35年」の方針!  

 この「公共施設管理計画」とも矛盾の説明で「32億円」建設を決議とは不可解?! 

2037年!「リース解体」+「庁舎更新」の場合、「リース優位」は成立しません!? 

  「リース建設の」誤断は、後世の市民に申し訳ない気持ちで一杯です…

4. 建設期間 (リース)- 着工:H27年11月~(会議棟)- 竣工:~H30年6月 

 ⇒ 建設期間は「2年7カ月」。当初の計画より約1年間も遅延。そして「情報カフェ」とやらは、未だ、運営開始の見込みは無いようです。絵に描いた餅同然では…?

    (*曖昧な説明で「騙された」感を強くしています。心配は「高小」建設構想です?! )

    (*誤謬の施政判断の責任は市民となるようです。「説明責任を求めたい」ものです)

---市民の素朴な想い---☆---

調べるたびに「施政はお任せ」では「あぶない」と痛感しています。ありえません!?

・「ハコモノ」に注力のあまり「学校エアコン」も決断出来ない事態は危機的状況です

・これは「無謬性」や「適切性」も欠いています。特に「市民説明会」にて、事実と異なる説明を展開され、その場限りで施政を強行される姿は許されません。

・「ハコモノ行政」で、始めに「庁舎」から着手がそもそも「自己中心」の現われ!

 結果、「市民や子ども」が犠牲の施政運営となっています。本末転倒の事態です。

・視野を広げると「県庁舎-1938年(築80年)」「名古屋市庁舎-1933年(築85年)」

公共施設を大切に利用されています。この精神を学んで戴きたいものです…

  第六次計画の「ハコモノ建設」は、後世の市民の批判の的となることが多分に予想されます! 

 「大家族」である市民の無関心さも同様と思います。

 今の高浜に求められるのは、市民の施政への関心度合を高めることかもしれません!? 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸