t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム解体の不可解!? Ⅱ

高浜は「民間企業」には優しい施政です。再び「施設建設」を監査します。

・常識的に考え、現場を見れば、おかしいのです。怪しいのです…?  不適切です!

・今回は「情報公開申請」にて、「プール建設現場の産廃-瓦ガレキ」の残土として「敷地西側」に積み上げられている「土量」が正しいのか検証してみました。

・以前、市の発表された「720㎥」が信用出来ず、自分達で測定してみたのです。

⇒ 結果は「450㎥」。この差は「血税のムダ」となります。

・市は「鋤取り-積み上げ:1万円/㎥」。これを、産廃処理すると「4万円/㎥」と予算化されたようです。

血税浪費:(720㎥-450㎥)×5万円 ≒ 1,350万円のムダとなるのかも…

---残土を積み上げた山の寸法---☆---

疑問の残土の寸法を「情報公開」の結果、市は「高さ-約3.2m」と測定とのこと。

・市民測定の結果は「高さ-約2m~2.2m」と約1mも低いのです。水増し…??

---疑問の積み上げ高さ---☆---

●「市-3.2m」対「市民-2.2m」!   どちらが正解?  写真では「一目瞭然!!」

f:id:t2521:20180827213543j:plain f:id:t2521:20180827213920j:plain 

ちなみに「敷地周辺に貼られた仕切り布塀」の高さは「2m!」

これを残土高さ「3.2m」と表すことは「水増し」同然!!   不適切です!  

  (*中公-地下水対策(5千万円)、旧庁舎-アスベスト除去(5千万円)とやたら巨額な予算追加と同様の、「残土処理量」は過大な積み増しのような気がしてなりません。)

 

● 現在、市は、これから民間プール建設に当たり「産廃-瓦ガレキ」が約4千㎥発生する可能性があるとし、先月の議会にて「1億3千万円」を予算化を議決したのです。

  (*学校プール建設費に相当する巨額です。財政効果は、もう不問(先送り)でしようか? )

・先回、プログ掲載したように、「瓦ガレキの含有量は少量」で、本当に廃棄処分は、必要なのか?  疑問が大きく、適切性を感じません。説明責任を果たして戴きたい…

この産廃処分につき、市は、民間プール会社と費用や責任区分を何ら相談調整もされず、独断で、全額市民負担と決定のようです。「民間企業」には優しい証しです。

 (*下記資料は「産廃処分につき民間業者と相談したか」⇒「文書不存在」つまり「調整無し」とする回答)

f:id:t2521:20180827215738j:plain

 ・「ハコモノ建設」は巨額の投資となります。今回は「民間のプール建設」です。

 なぜ、これほどまでに巨額の血税負担を簡単に承認されるのか? 不可解な施政です!

 ・学校エアコン設置は、「お母さん団体」や「婦人会団体」が、二度、要望を提示しても、市は無反応と聞こえてきます。 本当に、市民のための施政運営をされているのか? 

 「大家族」からは遠そうな施政運営のようです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸