t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 後世の市民への負債は適切か?

● 市の言われる「後世の市民も施設を使う。だから借金の負担も後世の市民が負う」として「ハコモノ建設」を強引に推進されています。

・しかし、近年、市の旧施設の早期解体は「後世の市民の使う権利を剥奪」です!

   (*解体:中央公民館・ホール-築36年、旧庁舎-築40年、青少年ホーム-築42年…) 

 結果、残されたのは「借金返済」だけではないでしょうか?

・かわら美術館も巨額80億円を投入! そして最近、ようやく借金返済を終えたとされ、今後の美術館の措置計画は、近々「民間譲渡」の予定とか? 

  (*H30年度「公共施設推進プラン」-H33-「民間譲渡・機能変更」。僅か25年です )

● 更に、市議会だより・No.92「6月定例会号」・p.7の市議さんとの質疑応答では…

Q-中央公民館は、年間約8万人の利用があった。現在、市外施設を利用は問題では?

A- 各施設や個人宅等、活動にふさわしい場所を選んで活動と理解している。

 市民が大いに外に出ていくのが「定住自立圏構想」の考えでもある。と市の回答。

     (*市内の幼稚園、小中高校の生徒の「発表会」は、市外のホールを借用し実施! )

後世の市民を「借金返済」の機能としか考えられていない証しのような回答では?

・「定住自立圏構想」は「医療機能」を「中心市(刈谷)」と提唱されているのです。

このような矛盾を強引に捻じ曲げて「ハコモノ建設」の強行を失政としています!

 明らかに市民本位の施政から逸脱の施政経営の破たんが「学校エアコン-0%」です。

「大家族」精神は微塵も伺うことは出来ません!

   後世の市民は生命維持機能も無い無策の施設で、やがて暑い新学期を迎えます…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸