t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 後世の市民を犠牲のままで良いのか? Ⅳ

・昨日の市議会で、ようやく高浜も「学校エアコン」設置方針を出されたようです。

● 18年9月6日・中日・西三河版・p.14の「議会だより」に掲載されていました。

・しかし、「国の交付金活用」が前提の条件付き。更に、19年度に着手とか!

 (*現在、高小は「エアコン設置仕様」にて建設中。これを施策表現されているのか?)

交付金の確保が条件ながら「20年夏稼働-230教室」全小中学校に設置目標のようです

・しかし、疑問は記事に「空調設備の維持・更新費 - 40年間 - 16.6億円」の記述です。

・庁舎ですら「20年-33億円」と短期表現なのに、空調設備-40年を提示された意図が不明です。それなら「庁舎-40年-70億円」の様な比較資料にて説明が妥当と思いますが?

● そして「民間病院」には交付金無しで「20年-53億円血税補助」に対し、「学校エアコン」は、「交付金」をあてにされ、設置計画の工程を国に委ねた施政方針は不適切!?

「後世の市民」の生命・健康維持施策を優先が「本来の施政のあり方」と思うのです!

「学校エアコン」は「後世の市民 (まちの宝)」のための最重要施策という認識が、まだ、施政に醸成されていない証しであり、少し残念な方針表明でもあります。

    (*後世の市民は、施政の誤謬の借金返済の道具では無いのですから… )

東浦町は一ケ月前の「8月7日」、町長自ら「学校エアコン」を19年度内に設置表明。

幸田町も「学校エアコン」を「19年12月」までに設置完了を表明。

 (*国の交付金を充てにはされていないようです。施政の健全さを感じます )

市政として「民間企業を優遇」や「ハコモノ解体・更新」より「後世の市民」を最優先とされる「本来の施政運営」を切望するものです。

  「大家族たかはま」に原点回帰された施政を!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸