t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 介護保険の不可解?

●高浜は「福祉の街」と言われて久しいのですが、今では、他市のほうが充実している。という声もちらほら聴くときがあります。

・しかし、「福祉の街」に残されたものは「介護保険料が県下第二位」の高額とか?

 この事実を知る機会は、つい最近のことで、驚きと同時に落胆しました。

●「介護保険」の収入額は「年間-26億円(H28)」という巨額にもかかわらず、市民には使途情報の周知を図られているのでしょうか?  秘密は不適切では…? 

・この「制度」に詳しい市民は「ポータブルトイレ」を補助購入し、「ディサービス」等も有効活用。「住宅の介護向けの改修まで補助利用」とか…?

・知らない市民は「薬局で私費購入」「家にこもる」という老後生活を送られている…

この「不公平」な制度の見直しや充実を求め、あるべき「制度」を確立戴きたい!!

 

---「介護保険」のサービス内容---☆---

高浜市のHPでは見つからず「三重・四日市」に資料掲示を見つけました。

f:id:t2521:20180914131933j:plain

多くの市民、国民は「介護サービスメニュー」全容を熟知されていないと思います。

---介護保険制度」のあり方---☆---

今後「高齢化社会」の到来は必至です。

・当然、これから「高齢者」になるであろう、ご本人やご家族には「介護保険制度」につき、より具体的な情報周知が必要では…?

・現在の市HPに掲示の資料は「介護サービス」を既に理解され「介護認定」も判定受けている方を前提に、手続きを進めるための情報提供となっているのでは…?

今、初めて「介護保険制度」を勉強しながら、将来に備えたい。という市民目線の情報提供が、必要になって来るであろう。と推察します。

このため、介護保険制度の初歩から「丁寧な情報提供のあり方」が望まれるのでは?

「高齢化」に備えた「まちづくり」の推進を切望します!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸