t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎建設の不可解 Ⅲ

狭小リース庁舎は「庁舎を持たない市民」に転落は残念しかありません。

血税「30億円」も投入して「高浜の市の顔」は、民間施設を間借りなのです。

だから、どこの自治体も採用されない訳です。

   (*極端な狭小化は仮設庁舎のイメージで全く魅力無し。更に組織二分割の改悪…)

・不可解は、まだ続きます。いい加減、最後にしたいものです。

・民間病院に巨額補助で貯金も無くなり「庁舎をリース強行」とは残念です!

 「借り物庁舎」に市民は愛着や誇りを感じ、意識高揚を図れるものでしょうか…

 

---庁舎建設の不可解---☆---  

市の「リース採用決定」の説明資料です (*ご都合が悪いのか市HPから削除されました)

●この虚構に満ちた資料をもって市民に説明され、そして市民の了解を取り付け、建設が済んだら、その嘘の資料は削除という手法を自治体が行った事実は消せません!!

その虚構の事実、不適切な施政の証しをここに残したいと思います!

f:id:t2521:20180627153003j:plain

今回の不可解は「建設費」です。            「平米建設単価」 

・[市が整備した場合 - 「19.9億円 - 7,798㎡」] =「25.5万円/㎡」

・[民間事業者の提案 - 「14.4億円 - 3,668㎡ 」]=「39.3万円/㎡」

この市が掲示した「建設費」は、まったく不適切な表記なのです! 

この建設価格は、通称「総務省・単価」と言われる「公共施設の建設単価」を適用され積算結果を記載されたと思われます。

 

---総務省・単価---☆--- (*行政系等施設の場合)

・更新(建替え) ⇒「40万円/㎡」・(東京基準・±10%程度の平均額) 

・大規模修繕   ⇒「25万円/㎡」・ (更新費×5~6割 ⇒ 6割を適用)

しかし、この「総務省単価」は、自治体(市)が整備した場合の価格です。

・民間業者が「民間施設」を建設の相場は、更新の場合でも「約25万円/㎡」です。

つまり「民間業者」が建設の場合、提案額相場は「9.2億円」程度なのです…

これを「市が整備した場合の単価-40万円/㎡」を適用され「14.4億円」とは、民間企業に優しすぎではないでしょうか?   

その差額は、なんと「5.2億円!」もの想定利益は余りにも過剰すぎます。

 (* 1億円程度、減額値引きがあったそうです。それでも余りある美味しい商売では… )

 

   このような業者さん本位のハコモノ建設は不適切では? 

 これを強行される意味や、意義が理解できません!?

 貴重な血税を大切に、有効に活用頂きたいものです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸