t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 狭小リース建設の不可解 Ⅴ 

再び検討!  (*記載内容、若干重複します。申し訳ありません) 

・狭小リース庁舎は「庁舎を持たない市民」に転落は残念しかありません。

血税「32億円」も投入して「高浜の市の顔」は、民間施設を間借りなのです。

 

---庁舎建設の不可解---☆---  

市の「リース採用決定」の説明資料です   (*ご都合が悪いのか市HPから削除されました)

●この虚構に満ちた資料をもって市民に説明されたことは、残念でなりません!!

⇒ 昨日、気づいた不可解を、皆さんと共に検証したいと思います。

f:id:t2521:20180627153003j:plain

先回は[市が整備の場合]-「37億円」は水増しの疑いがあると言及しました。今回は「事業費」の中味です。1 [ 市が整備した場合 ]と、2 [ 民間事業者の提案 ]を検討します

 

1● [ 市が整備した場合 ]

・建設費「19.9 億円」= 総務省単価- 25万円/㎡ × 面積- 7,798㎡ =「19.5 億円」-

・維持費「12.5億円」 = 12.5億円÷期間20年=年間維持-63百万円となります   - ? × 

なぜ、旧庁舎を整備した場合、維持管理・運営費が「2倍」となるのでしょう?

・例えば「H28年「旧庁舎管理 - 31百万円」 - [内訳:電気・ガス・水道=約11百万円+ 修繕料=3万円 + 庁舎管理委託(清掃費・制御室管理・空調保守点検)=16百万円]

   (*市は「維持管理費」の根拠を示されることが、正しい施政のあり方と思います)

更に、旧庁舎を大改修の施設期間は「20年」では無く「30年」なのです!

施設寿命は「70年」に延長制定されたのに、この資料は「60年」条件にて、構想立案され市民に説明。またもや「早期解体」が前提は不適切の極みです!  

  このような説明は市民を欺くこととなるのでは…?

 (*だから削除されたのかもしれません !? ) 

 

2● [ 民間事業者の提案 ]

・建設費「14.4 億円」= 面積単価 - 14.4 ÷ 面積 - 3,668㎡ =「39.3 万円/㎡] - 

・維持費「14.1億円」 = 14.1億円 ÷ 期間20年=年間維持-70百万円となります -   

建設費の面積単価「約40万円」を坪単価に換算すると「130万円」は極めて高額!!

・リース建設は公共施設でなく民間物件です。相場は「25万円/㎡=坪83万円」。これを適用すれば、建設費総額は「9.2億円」が妥当では…!?  その差、なんと約5億円…?

・維持費も、床面積は半減、職員さんも削減なのに、旧庁舎の倍以上とは不可解です?

 

■市は、この「狭小リース庁舎」建設を「財政健全化」と言われ、着工3か月前に市民(40名)に、このような不可解な資料の説明で済まされ、建設強行されました。

・そして、この夏、知らぬ間にこの資料を削除され「情報改ざん」は不適切では…?

 (*後世の市民の検証作業を妨げないためにも事実を残されるべきかと思います ) 

 

 公明正大な施政運営を切望するものです! 

                                  (*つづく)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸