t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校エアコンの熱源方式の検討

・小中学校の夏季の酷暑対策は「児童・生徒」の「健康と生命」の維持設備であり、必須機能でもあります。

・市は「40年-16億円」も要すると弁明されていましたが、近年、空調設備の熱源は様々な方式があり、「設備費」「維持費」「設置スペース」「環境対応」等々、様々な要件条件から選択する難しさがあります。

 

---学校エアコンの選択---☆--- 

・下記の資料の様に、明確に選択根拠を示されることが無謬性の施政運営ではないでしょうか? 

この小学校は「電気式・個別エアコン」を選定されました!

[検索] :  鳥取琴浦町の学校エアコンの方式選定資料  

http://www.town.kotoura.tottori.jp/docs/2018090400103/files/kyouikusoumu.pdf

 

f:id:t2521:20181107141249j:plain

学校エアコンは、「稼働時間が短い」のが特徴です。「8月」は「夏休み」。この休み前の「7月」と、休み明けの「9月」の二か月間の暑熱環境が問題なのです。

「他の熱源」では「費用対効果」が疑問であることは空調業界の常識のようです。

 

---高浜の学校エアコン方式?---☆---

●「40年-16億円」も、血税負担の学校エアコンです! 市民で決めたい!

・現在のままでは、また、施政のご都合で選択され、血税負担は市民と後世となる可能性が高く、またもや、密室の秘密決定は、いかがなものかと不信感が持ち上がります。

 

・行政で「勝手に決められ」、血税負担だけ「市民」では、たまりません !!

少なくとも、空調方式の選択経緯、決定理由を情報公開され説明が無謬性です。

・このような簡単なことでも情報非公開は「市民不在」「市民無視」の施政です。

 

「大家族」精神は、もう撤回なのでしょうか?

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸