t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン設置の不可解 Ⅱ

「学校エアコン仕様」の概要がようやく解りかけてきました。

そして、残念なことは「エアコン」は「ガス  エアコン-GHP」だったのです。

  (*GHP : 都市ガスかLPGをエンジンに供給し、圧縮機を駆動し冷暖房する機器 )

     (*エンジン利用のため、クルマと同じようにオイル交換等のメンテナンスが必要 )

・しかし、なぜ「GHP」なのか?  どのような理由・根拠・要因で決定されたのか? 

・『隣のまちも「GHP」だから』というような甘~い根拠で良いのでしょうか?

市民に説明されない、市民に説明出来ない訳が理解出来ました。

・行政施策を、市民は追求するが、議会は「素通り」だからのようです。

結果「最も高額な空調方式」を採用! 「経費削減」は、もう中止でしょうか?

 

---他県の町の学校エアコンの検討---☆--- 

ある町の学校エアコンの「投資回収 - 検討資料」をご紹介したいと思います。 

学校エアコン  方式  電気式 (EHP)  ガス式 (GHP)
設備費 設備機器 (千円)    22,680   60,000
室外機 設置費    1,222   1,743
受電設備 改修    15,000   8,900
   合 計      38,902     70,643
年間運転費 運転費 (千円)        2,528       1,244
保守点検費              0          572
   合 計        2,528       1,816
設備費       (千円)     基準     37,320
年間運転費   (千円)     基準         -712
回収年数  (年)     基準   約50年 (回収不能)

 

このように稼働時間の短い学校エアコンが「GHP」の場合、投資回収は「不能」!

高浜の場合につき、比較検討資料を公開が無謬性と思うのですが、またもや「行政と議会だけで決定強行のようです?」 

これは血税の私物化!  借金は後世任せは不適切! 市民の参画と協働で推進すべき!

 

防災上も、最近の被災地で復旧が早いのは「電気」。「水道」や「ガス」等の配管系は約1か月以上を要しているのが現実では?

小学校の避難所機能の環境整備面からも「電気式」が最も適合しています。

  (*非常用発電機 -「100KW-72H」をなぜ設置するのか?  非常時のエアコン運転のためではないのか? 目的と使途を再確認戴きたいものです。)

 

■災害が起こってから考えても遅いのです。児童・生徒にとって、市民にとって、血税投入に相応しい、効果的、効率的なエアコン方式を選択されるべきです!

 

「大家族」精神を取り戻して戴きたいと思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸