t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 – ハコモノ計画の疑問 Ⅴ (かわら美術館)

・「ハコモノ」は魔物です。市民感覚では考えられない血税投入が行われています。  

 ● 今回、その「かわら美術館」を再確認したいと思います。

----------------------------☆---

f:id:t2521:20180301223513j:plain

かわら美術館は、国内唯一「瓦」展示施設として、産業支援も含め建設されました。

H7(‘95)開館、以来、23年を経過。今年で累計「84億円!」を投入のようです。

・恐らく、市内施設では最高額の血税投入施設と思われます。

施設計画では「H33- 民間譲渡」の予定とか…?   「もったいない」計画です。

 (*市民は数十年間も納税し、借金が終われば「民間譲渡」とは、何のための納税…?)

 

---施設運営状況----------☆--- (*H20年、指定管理移管以来、運営実態が不透明です)

● 来館者は、推定 - 年間5万人。展示会と施設利用者-2~3万人程度と思われます。

⇒ とすれば、23年間で、累計 - 120万人程度が来館されたと見込まれます。

● 費用面を試算すると「建設費- 42億円」-  (*土地の買収額は別途。詳細不明です)

●「運営管理費の合計- 42億円」(推定) となるようです。

 (* H3年~H26 : 一般会計説明資料 / H27年~推計 <指定管理とかで会計が不透明>)

 

かわら美術館への血税投入 - 累計84億円!

 

● 同施設の運営維持管理費は「年間-平均-183百万円」もの巨額を投じた事となります。

 (* 運営費 - 最大「H7 - 373百万円」。「H27以降 - 110百万円程度」で推移 )

    (* 内容的には「管理運営-約80百万円」「展示会-約60百万円」「資料収集-美術品の購入-約20百万円」他) 

・「来館者一人当り平均 - 約4千円」もの血税投入となり、適切性は疑問です。

これを、説明責任も果たされず、借金返済をようやく終えた段階で、いとも簡単にH33- 民間譲渡」とは不適切極まりません…

 

---隣街の美術館の運営動向---☆---

■ 「刈谷市立美術館」の運営状況(H29年度)を確認してみました。

・来館者  -  年間 - 84千人             (*高浜 : 刈谷の約6割の来場者 )

・運営費     - 年間 - 87百万円     (*高浜 : 平均二倍超の運営経費を投入! )  

・入館経費 -「一人当り - 1,036円」     (*高浜 : 約4倍弱の血税を投入…! )

 「美術館運営は努力健闘されている」と評価すべきでしょうが、「費用対効果」や、数年後「民間譲渡」を考えると「もったいない」の感覚が先行してしまいます。 

 これが適正適切な施設管理なのでしょうか?   

 

残念ながら、高浜「美術館-84億円」の財政投入は巨額過ぎ!  「異常」レベルです!

・これを「適正」と判断される視点は、市民感覚を失っています。

やはり、施政も、ようやく「異常」と認識され、対策として「民間譲渡」かと思いますが、説明責任を回避され、施政だけの独断の強行は「市民不在! ・納税者-無視!」  

 この状況は「大家族」の市民は犠牲ではないでしょうか?

  市民を「納税」の道具として扱われているように感じます。

   今、この難局に対し、行政と議会だけの強行は、禍根を残すことになるのでは…?

  市民協働の「大家族」で検討し、衆知を集めて乗り越えることが重要と思います!

 

---市民の素朴な疑問---☆--- 

・このような施設運営状況を知るため、市HPの検索に頼ることが多いのですが、他市と比較し、高浜は「本当に調べにくい、分りにくい」事態は問題です。

・「情報公開性」が低い事は「透明性」を欠いた施政の証しです。

・ 市民に隠さなければならない施政運営は誤謬です!

血税による施政運営は「市民 - 5万人」に対し公明正大なる情報公開がご使命です!

 

  「大家族」への開かれた施政運営を切望します! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸