t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅲ

この件に関する「市民意見」の回答予定日の連絡がようやく来ました。

・市は「議会対応」や「事務多忙」を理由に回答が遅れていると言い訳。

自分が現役時は「お客様第一主義」で、最優先に取組んだものですが…。

・行政は「自分中心」であるご回答は「公的機関」で執務される資格すら疑問に思います。やはり「民間会社-優先」「市民は最後」とされている証し…

 

実家の役所へ、たまたま行ったときに驚いたのは、「常識」かもしれませんが、職員の方々は「市民を『お客様』」と丁寧にご対応されて、内心、感激しました。

当市は、残念ながら、この感覚、気持ち、心が欠落しているような気もします。

・恐らく、一部の方々なのでしょうが残念と言うか、意識改革すべきです!

 

---行政の回答所要期間---☆---

市民意見や情報公開は、通常「二週間」の回答期間!  (*隣街は「一週間」)

・今回は、溜まりにたまって、意見提出-「1/15」「1/15」「2/12」に対して、

市のご回答予定は「3月29日」に回答。とご連絡がありました。

・なんと「2.5ケ月」もの期間を要するのは不適切極まりません!   怠慢…

・この一因として「職員数」の過剰削減があるのかもしれません。

民間分院には「60億円」もの補助提供し、施政執務体制には投資過少!?

・この財政使途のアンバランスの是正の必要性を痛感させられます。

 

更なる疑問として「意見投函-2/7」⇒「担当部署-回収-2/12」

つまり、庁舎内に投函してから届くまで「5日間」も要していることに!

 

・昨日も、深夜「地震」がありました。平時から、執務に対して「スピード感」をもって対応頂くことが、基本的な要素と思うのですが…。

 

・「ハコモノ建設」や「ごみ袋有料化」は強行なのに、市民サービスは、全く、後回しであることが証明され、施政に期待できないことを確認しました!

 

---市民の素朴な想い---☆---

・執務は「のんびり」対応の一方、「青少年ホーム跡地の残土処理」は圧倒的スピードで推進されています。

 

・確か「2月-2億円」を予算決議されたと思うのですが「残土-4千㎥」は、瞬く間に「1週間」程度で、搬出されてしまいました。

  (*やはり「工事原価-8千万円」を「2億円工事」は労役が少ないようです…?)

 

・この工事の不可解につき、次回、ご案内します。「いい加減な工事」です!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸