t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅶ

●やはり「青少年ホーム跡地」の産廃処分工事は不可解そのものです。

・昨日に続き、今日も覗いてみたら「山土?」を運び入れて積み上げているのです。

・何のため土を搬入?  「産廃処分工事-2億5千万円」は産廃土を搬出費用なのです!

 

---before---------------☆---

●昨日(H31.3.17)の「産廃処分の残土の積み上げ量」

f:id:t2521:20190318205849j:plain

確かに「鋤取り-700㎥」という産廃ガレキ量はありません!  

・「つじつま合わせ」のため、わざわざ「搬入」処置を取られているようです?

 

● 「鋤取り-700㎥」-産廃ガレキ量 ⇒ 底辺-巾23.5m×奥行14m×高さ3.2m必要!

f:id:t2521:20180831155134j:plain

---after---------------------☆---

今日も「工事カンバン」の掲示無し。市の工事安全意識の低さが露呈の不適切工事!

 

●工事カンバン見当たらず              ●3月18日 - 積上げ土を追加増量 

・右側の土を奥のほうに移動し積上げ  ・カンバンも無い-ずさんな工事の証し!

f:id:t2521:20190318211042j:plain  f:id:t2521:20190318210439j:plain

●辻褄合わせのため「搬入積上げ」?           ●なぜ岩石・ガレキがあるのでしょう?

f:id:t2521:20190318211545j:plain f:id:t2521:20190318211638j:plain

この残土は「敷地の表層を鋤取り土」なのです。岩石やコンクリートはありえません!

・この「デタラメ」工事は不可解そのものです。説明責任を果たされるべきです!

 

---工事費も増し積みの不可解---☆---

●不可解さの内容確認のため再記載します。

●H30.10.12-「ホーム跡地発生土-運搬処理」-「約9千万円」で落札  (*次点「1億円」)

市は落札後、支払条件-「3年分割」を提示-「契約辞退」発生 - この業者を入札停止!

・下請法に抵触するのでは…?  落札後、支払い条件を変更はありえません。

 

●H31.1.29-「同工事」-「2億5千万円」で「プール運営会社・プール建設会社」と契約!

この二業者は「産廃免許無く」「安城産廃業者に丸投げ」は不適切!

・入札契約辞退から4か月後、「9千万円」の工事が「2.8倍!」もありえません。

 

---市民の素朴な想い---☆---

これが無謬性の施政のあり方なのでしょうか?

財政削減と言われ「ハコモノ-百億円事業」を強行!

「市制50周年記念」と言われ「借金は後世の市民任せ」

 

学校エアコンは今夏に間に合わず来年度内に延期!

商工会がエコハウス占拠のため「ごみ袋有料化」もデタラメ施政の証し! 

(*失政のツケを市民に転嫁は施政を私物化! 商工会には「ごみ袋」-8年分を補助提供! )

 

市民は施政の道具では無いのです

このままでは江戸期の施政施策の犠牲です!

施政は「市民の住みよさ改善充実」に努めるべきです

 高浜の住みよさ「293位」は適正なのでしょうか?

 

「大家族」と言われ借金建設を強行は住みよさ低落です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸