t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校建設の不可解 Ⅲ

●「財政削減」で開始された「ハコモノ建設」は、通常の「倍額」建設を強行です。

・「建設費」のみならず「維持費」も「倍額以上」を投入は財政効果が疑わしいのです

 

・それも「特定企業」に独占では、いよいよ不可解なハコモノ強行は不適切です。

  (*竣工初年度から施設の維持修繕費を支払うようです。しかも「倍額」…? ) 

 

---学校維持費-----☆---

・下記の表は「高浜小-複合化施設整備検討結果報告書」からの抜粋です。

・特に、中のグラフは「市立学校-7校」の「学校管理費-3.2億円」を要するようです。

・従って「一校当り-約45百万円/年」が維持管理+光熱水費+修繕整備のはず…

ところが「高小 (*光熱水費は別途) - 年間約90百万円」の「倍額」を支払い予定…?

f:id:t2521:20190430102843j:plain

 

・理由に「地域施設も含む」と言われるかもしれません。しかし、地域施設の面積は、

学校-全施設面積-11,827㎡のうち、「1.780㎡」と「約15%」に過ぎないのです。

施設の複合化は「不可解で、血税の無駄が多い」ハコモノのようです。

 

高小だけ建替え、その建設費は「倍額-50億円」、維持費も「倍額」

 市制50周年記念事業は、血税の無駄遣いが続きます。

 

他の小学校は「数年後から約10億円」にて改修工事となる計画です。

 しかし公立学校は「平等公平」が原理原則では…? 

高小だけ優遇される理由は説明がありません。しかし、理由も説明されず巨額の血税を費やし、そのあげく「ごみ袋有料化」では、適正適切な施政運営とは思えません!

 

 この間違いだらけの施政運営を正すことが施政の最大の課題と思われます

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸