t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高小・アスベスト問題 Ⅲ

自治体の施政活動は「公共団体」であるが故に、市民-数万人の血税を最大有効活用を図ることが、あるべきご使命と思っています。

 

・ところが実態を観察すると、特に「ハコモノ建設」では「相場の倍額」を推進は不適切です。これらの建設審議を「行政と議会で決める」と強行も歪んでいます。

その歪みを再々度、振り返ってみましょう。  (*くどくてすいません)

 

「①青少年ホーム-産廃残土処理「9千万円」落札を、産廃免許無き「プール運営会社」に「2.5億円」で特命転注がその証しです」-「なぜ、1.6億円も積み増しなのか…」

勝手な推測ですが「水泳委託の補填」として流用補助が狙いなのかもしれません… 

 

・かつて「水泳指導委託は2百万円」で済む。と始めは安く市民説明の常套手段。

・最近、決定の水泳指導委託額は「約3.1百万円」。これでは「児童送迎バス-数台や運転手」、更に「施設建設費」は回収できず「奥の手」を使われたと睨んでいます。 

 

「②リース建設は「民間施設相場」を適用すべきを「公共施設相場」を採用!」

よって「民間建設単価-26~28万円/㎡」対「公共建設単価-40万円/㎡」は「1.5倍!」

・つまり「リース庁舎建設」は「建設費-『約5~6億円』も上積みの高額では…?」

 (*あるいは「リース会社」に過剰な支払い計画となっているのかもしれません )

 

「③高小-PFI-「複合建設費」が、「個別建設」より高額はありえません」

・「財政削減策」として、高小-保護者限定で「複合建設-有利」と説明され「公共施設推進プラン案-高小-73.2億円」の「財政効果」の説明は無いようです。

 (*説明されず「資料公開だけ」で説明責任を果たしたとされるのでしょうか )

・この学校建設も「初めは安く」の説明手法を取られたようです。思い起こせば「縮充(複合)建設は『37億円』で済む!」。結局、73億円では「倍額」の負担です。

 

「➃アスベスト除去の追加工事」-「中央公民館・旧庁舎・青少年ホーム・高浜小」と「ハコモノ建設」に絡み、全ての施設で「アスベスト除去工事」を、「工事後-発見」と次々と連続の追加工事も違和感を覚えます。

・中央公民館では「地下水対策工事」の追加も不可解な工事(約5千万円)でした。

 (*工事前は「多分、出るだろう」、工事後「やっぱり出た」から割高な特命発注… )

「入札情報や入札結果」「工事内容」を公表されず秘密裡に強行は疑問です

・ここに仕掛けが隠されているのかもしれません。 お分かりでしょうか? 

 

・市民に「説明責任を果たす」という基本姿勢は伺えず「如何に隠すか」に腐心されている施政のあり方はいかがなものでしょう。

 

・「建設基金(貯金)が無いから借金建設」そして「借金は後世の市民が返す」とのご説明も違和感と更に不信感を覚えます。

 

・「国の施設-長寿命化」指針にも反して「早期解体」も財政の無駄遣いです。

「早期解体」は、血税をドブに捨てる行為と同じです。

・更に未だに「施設寿命-70年」と高浜だけ短期なのも説明頂きたいものです

 

・他市の方が笑われる「リース庁舎」は「20年後」に解体です。この根拠は「施設寿命-60年条件」とした判断なのです。

・「長寿命-70年、80年」条件であれば「リース効果」は無いのでは…。この責任を市民とするのは乱暴です。20年後、どのように責任をとられるのか監視したいものです

 

---市民の素朴な想い---☆---

・気づけば、市制50周年のため「百億円事業」を強行となっていました。

・更に、高浜だけ、文化芸術の拠点である「ホール」の無い街に転落は、市民は勿論「後世の市民」が犠牲であり、市制10周年に逆戻りでは施政の退行です。

 

・なぜ、高浜の児童生徒は隣街の施設を借りて「発表会」実施を背負わせられるのか?

・重ねて「ハコモノ借金」を返済は二重苦、三重苦の施政のあり方は江戸期そのもの

 

 この施政の実態は「過ちです」「大家族」が犠牲です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸