t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 施政情報制限の不可解 ?

・「高浜」の「情報発信の少なさ」=「情報制限」は異常レベルと感じています。

 ⇒ 市民に知らせない、知らせたくない理由は何か…?

 

・施政運営において「情報公開」は施政の透明性の証しなのですが、これを制限は、

「透明性の欠落」であり「行政と議会で決める」の証しで、自ずと杜撰さが伴います。

 

・つまり「市民に丁寧な説明抜き」で施政強行。更にその情報も隠ぺいの「情報制限」

この「情報制限」は、市民に対し、施政の「無知化」を図られているようです…

・市民が施政情報を知り、理解する前に「議会-通過した」で強行です…

 

---情報制限の事例---☆---

・このブログ記事や市民が「施政情報」を収集のため「市HP」は最大の情報源です。

・しかし気づいたのは「高浜」の情報公開の資料項目が、極めて少ないのです。

 

・例えば、最近、不可解な有料化を強行のキーワード「ごみ」で検索を試みました。

結果は「高浜-100件」対「碧南-298件」と圧倒的な差は残念な情報制限です。

 [検索] : 碧南市 -   ホーム/碧南市

      高浜市 -   [http://www.city.takahama.lg.jp/]

 

・知らぬが仏で、気づけば「ここまで市民を無視されている」施政はありえません!!

・思えば「予算」も「中高生向け」の説明でお茶を濁されています。

これが施政の実態であり、不都合な真実なのでは…

・「大家族」は納税の道具だけなのかもしれません。施政に口出し無用のようです! 

 (*お時間があれば、その情報内容もご確認頂けると、よく理解できるかと思います) 

 

---ごみ袋-有料化---☆---

・本当に「ごみ減量化策」として「ごみ袋有料化」で目標達成は可能でしょうか? 

・この検証作業も無く、説明もあやふやで強行はいかがなものかと疑問しかありません

この「ごみ減量説明会」にて配布された資料(10頁)があるのですが検索できません。

 

・「説明会」は参加市民-約100名程度とか。これで説明責任は果たしたとされる施政。

・「議会も通過した」で、いきなり問答無用の「7月」からの有料強行は市民無視。

・ 民間分院や民間団体には「億円単位」で補助強行。市民からは「数千円」でも徴収!

この歪んだ施政は、江戸期同然であり、「ICT時代」に「情報制限」は戦争時代です!

 

    結局、「大家族」宣言はカモフラージュのようです。

 市民は真実を見極める心眼を求められています!

 

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸