t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 液状化現象

・新潟・山形で予知も出来ず、突然の地震発生。死者が無いようで不幸中の幸い。

 それにしても、またもや「瓦」被害多く、イメージダウンとしか思えません。

・これから毎日、「瓦」被害の実態が、全国にTV放映やネット配信される訳です。

・「一鷹、二富士、三州がわら」とステッカーやのぼり旗だけでは、ますます需要低下の一方では…?  

ますます大地震の可能性が高まり、いかに「瓦」の特質を全国に周知すべきチャンスというか、行動開始のタイミングなのでは…?   

・あるいは「瓦屋根」の修復という「災害復興支援」という方法もあるかと思います。

・商工会の力を全国に発信、発揮すべき時節到来かと思います。

 

---液状化に思う---☆---  

・確か、下記の写真は「山形(JR鶴岡駅近くの駐車場) 」の液状化の実態です。 自動車のタイヤ半分の高さまで埋まっている事態は意外と「軽微」とも受け取っています。

問題は、高浜の「液状化」対応なのです。下記に「警戒エリア」が示されています。

[検索] :・http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/bousai/image/pdf/01_04bousaimap/04ekijouka.pdf

 

・碧海町の「体育センター」「図書館」「港小学校」域を「液状化エリア」に指定。

・「体育センター」は高小に移転。「図書館」はいきいき広場に移転予定?

不可解は「港小」は現在位置で大規模改修予定で継続なのです。液状化無し…?

 (*計画では、R8年から「約8億円」を投入して大規模改修の予定? )

・児童の安心安全の保証を、市は如何様にお考えなのでしょう?

 

・次の疑問点は「液状化」の言葉だけで、液状化レベルの深刻さや、発生被害の度合いは未発表のまま、強引に移転を推進されていること。

 

・例えば、幸いにも「液状化」がタイヤが埋まる程度でも移転が正解でしょうか?

液状化発生」だけで施設計画を強行ではなく、技術的検証を踏まえて推進が適切!

 

基金積立も無く、やたら借金で「早期解体」、「建設強行」の繰返しは施政として不安と不信しかありません。

 

・「大家族」に丁寧な説明が、あるべき施政のあり方と思えてなりません。

 

 地震被災地区の早期復興を願うばかりです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸