t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 施設計画を強行の疑問

時代は「ICT」-「24時間」何処でも、誰とでも、世界とつながっている時代です。

市民運動を開始し、早3年余。ようやく施政の中味を理解出来つつあるようです

・地元地域に加え「他市」や「県・国」等に情報網を広げ調べると不可解な事ばかり

日常的に「貪欲な情報収集」と「柔軟な情報展開」が理解するコツのようです

 

高浜施政は、他市との差異が余りにも大きすぎと感じる機会が多過ぎなのです…

● 先回に続いて「学級人数」につき「中学校」を加えて確認してみました。 

 

小学校  高浜  刈谷  碧南  安城  知立  西尾  半田  豊田  新城
児童 (人)  28.1  28.0  27.8

 27.0

 25.9  23.9  25.0  23.0  17.5
中学校  高浜  安城  知立  刈谷  碧南  西尾  半田  豊田  新城
生徒 (人)  32.2  31.6  31.4  30.9  28.4  30.6  29.8  27.0  21.7

 

●「中学校 - 学級人数」は、小学校より、更に、多数。それも、やはり高浜は最多…

・「生活ガイド.com」によると、当市の中学 - 生徒数は「全国-26位」の多さとか… 

市は、この実態を市民に報告説明されたでしょうか?  隠ぺい、ダンマリでは?

 

  市民を、未来世代を、欺いた施政運営は誤謬です 

 

● 高浜- 学校エアコン設置は碧海五市で「最も遅く」、学級-児童.生徒数は「最も多い

 

● 施政借金は「後世の市民も施設を使う。借金も後世の市民が返すから大丈夫」と説明

これでは「いじめ」同然 -「大家族」や「ちょっといいまち」とも思えないのです…

・「中央公民館」や「旧庁舎」を早期解体は、後世の市民の施設利用の権利を剥奪です

 

■ この「市民無視」「市民不在」の施政を改めることが令和時代の課題と思われます。

 

● もう「昭和」の延長継続の如き「施政運営」は時代から逸脱しているのです

●「市民参画」「市民協働」の施政のあり方を実現すべき時代到来と思われます

 

「大家族」による「大家族」のための真の施政を! 

 

・これから、しばらく「施政」と「施設計画」について再検討したいと思います。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸