t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 「大山会館」の疑問 

●「大山会館」も不可解な施設管理を強行には不信しかありません。

・現在「市HP」は、改訂の為か、検索出来ない状況にあり、定かではありませんが、 

「大山公民館」から「大山会館」への名称変更も「結果」を掲載だけ…。

果たして、その「理由」や「メリット」を知る事は不可能でした。説明無しです…

 

● そして、未だに、先日実施された「大山会館」利用中止の説明資料も未掲載…。

直近の施設利用者に施設方針を説明だけで「中止決行」は乱暴では…?

・施設管理は、この手法を用い、市民に周知せず「解体中止」強行は破壊のまちづくり

 

つまり「説明会」は市民全員への説明責任を果たす、という事では無く「説明会」を

 実施したという「実績」作りのための説明会と思われます。

・参加者は「一人、ふたり」でも良いようです… 事実「4人」の時もありました…

行政にとって「大家族」とは、都合のよい集金道具なのかもしれません

 

--- 「大山会館」 ---☆---

● 平成31年4月1日より大山公民館が「大山会館」に名称変更しました。とHPには掲載

・しかし「利用中止」情報は、一切掲載されていないと思われます。

 

つまり「先回の説明会」で市民説明は終了し、後は「議会決議」にて「中止断行!

この乱暴な施設管理が、今の施政施策のようです。「大家族」の声は聴かない…!?

 

[検索] :   大山会館 - 高浜市ホームページ

大山会館の画像 ⇒「市のHPから写真引用」

●「大山公民館」- S60年 ('85年) 竣工 - 築34年 - 621㎡

また施設寿命半ばで「利用中止」…? これは施設利用の納税者の権利を剥奪では…? 

 

--- 「縮充」を再確認 ---☆----

再々ですが「縮充」を確認します-「規模」は縮小、「機能」は充実-複合化です

   (*「複合化」-「筐体」は一つで「複数の機能」一人、二役、三役をこなすの意 )

その複合実態を下記します。「たかぴあ」は「大家族」の希望でしょうか?

・市は「面積削減」だから「財政効果-有り」と小学校に「破格の50億円」を投入です

 (*一般的な小学校-建設費は「20億円台」- 高取-21億円、吉浜-21億円… ) 

 

機能   大山会館 (利用中止)    中央公民館 (解体)   たかぴあ
床面積 (㎡)   621 - 築34年  4,091 - 築36年    180
部屋数   (室)      6  12       4
劇場ホール     ✕  〇    
集会室     〇  〇    
和室   〇  〇    
カラオケ     〇  〇    
軽運動     〇  〇    
調理室   ✕  〇    
避難所   〇  〇    
投票所   〇  ✕    
花見   〇  ✕    

 

●「たかぴあ」は「集会」しか利用できなくなりました。これでは「縮残」- 残念です 

⇒  この「縮残-集会機能」で、未来-70年の市民らに強要は、市民生活は低落では…?

・「集会」に「まちづくり」の魅力を感ずる「大家族」はいかほどみえるのでしょう?

 

●「危機」は、この「縮残」施設が、今後、市内の全小学校の施設仕様となることです

・本当に、市民が「縮残」施設を欲求しているのか?

・「丁寧な説明」と「市民ニーズ」の再確が必要ではないでしょうか?

 

●「大山会館」と「高小」までの直線距離は「約1.2km~1.3km程度」

・移動手段の無い、脚のご不自由な「ご高齢者」にとって「たかぴあ」は「地域バス-

 いきいき号」の停車場も無く、公共施設としての移動機能も欠落です…。

「公民館や会館」を財政効果だけで改廃を決定は公共団体としての役目も欠落では?

・この「財政効果」も、学校建設に-倍額「50億円」を投入では疑問しかありません

 

公共施設を強引推進は矛盾の連続で「大家族」が犠牲です

 

----------------------------☆--- 

「福祉のまち」は過去の話-「高額な介護保険だけ」のまちとなりましたが、この施策

 がそもそもの過ちの施政の証し… (*介護保険料の高額は県下第三位とか! )

「大家族」に優しい施政であってほしいものです

 

----------------------------☆--- 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸