t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 姉妹都市 - 瑞浪市 Ⅱ

●「高浜」の姉妹都市瑞浪市」のHPから「施政のあり方」を学ぶことが出来ました。

・やはり市制65年の重みでしょうか? 「高浜」施政は、まだ途上段階と痛感しました。

今回も、その学びを追記したいと思います。

 

--- 「お詫び - 訂正」 ---☆---

● 先般、庁舎の「清掃費」を「年-各百万円」とご報告しましたが「月-百万円」でした

H28年度

・庁舎-清掃管理

・いきいき広場-清掃・廃棄処理

   7.7百万円

14.4百万円

・市は財政削減策は「縮充」= 複合化と言われ、「庁舎 - 二分割」は矛盾です。

・例-「清掃費」は、二つの施設を合わせ「年間-22百万円」-「月184万円」を独占発注!

この独占発注は、不適切であり 二つの施設維持管理は二重の無駄遣いと思われます

・このような矛盾の実態は「まちと血税」の私物化の証しではないでしょうか…?

 

今でも疑問に思う工事例

H28年度 ・いきいき広場 - 空調機器更新  1億円

お役所 - 相場なのでしょうか?   この超高額は、今でも納得できません…

 

「高浜」の工事は「抱き合わせ」があることも不可解…

・例えば「学校空調」の空調設備設計を「設計会社」に依頼し、同時に「アスベスト調査」を追加依頼 - 設計会社は「アスベスト調査」を専門会社に丸投げで調査依頼。

 

・これと同じことが「青少年ホーム-産廃処理」- プール会社に委託し、工事は「地元-産廃業者」に丸投げ工事・・・この乱暴な方法が「血税」の節約策とは思えないのです

 

--- 瑞浪市」から学ぶ ---☆---

1■ 「高浜」の施設運営の失敗 

●「旧分院」- 築20年余の市民病院-施設を、T 会に「無償譲渡」し「30億円補助

⇒  多くの市民は「市民病院-継続」と思いきや「介護型病院」に一方的に変更…

・「新分院」を建てたいと「中央公民館」-築36年-資産価格 7億円を早期解体-強行。

・「新分院」が竣工後「旧分院」は不要と、管理を差戻し。毎年-1千万円は市民負担!

「新分院」に「約23億円」を補助継続。旧分院は解体待ち - 「高浜」はサイフ…?

   結果「基金原資」枯渇し「庁舎-30億円-リースを強行」

   一体、誰のための施政なのでしょうか…?  

 

2■ 「旧施設」の再活用 

●「瑞浪市」- 旧小学校を再利用につき「公募」されてます。これが「あり方」では…?

  [検索] : 学校跡地の活用事業者を募集します | 瑞浪市

・現在、高浜は「旧分院」-固定資産税- (1千万円/年) を6年間払い、解体予定のようです。

・まだまだ施設寿命半ばの利用可能な市民の財産を早期解体は「破壊のまちづくり」

瑞浪市」のように「旧施設-再活用」を図る事が、まちづくりのあり方では…?

・その活用策は「密室」で決められず「市民にアイデア公募」という方法も一つかと…

 

「施政運営」「施設管理」は「公明正大」があり方です 

 

「市議会」- 議事録のあり方

●「高浜」の市議会- 議事録の第一印象は「見づらい、読みづらい、分かりにくい」

・「瑞浪市」の議事録は「見易い」ことに驚き、また「検索」システムもあります

   [検索] :   瑞浪市議会/会議録検索システム

 

「高浜」は「議会傍聴席」も貧弱で、これが新庁舎の施設とは失望しかありません

「議事録」は、見るのも、読むのも大変ですが、施政への市民参画を喚起するツールとして「検索システム」は、市制50周年記念の施策としても有意義かと思います。

・他市と同等水準程度の施政運営を目指され、施政機能として必須要素のひとつでは…

 

4■ 「入札情報」のあり方  

●「血税」を間違いなく適正適切に利活用されているかを知る一端の「入札情報」

・「瑞浪市」では、入札区分「工事・委託・コンサル・物品」を一元化し公開公表

H30年-約300件を公開。高浜のHP公開件数は「約81件」と少ないことは驚き…?

・これも残念な「最たる血税の私物化の証し」- なぜ、部分公表なのでしょう…?

・「高浜」は、一部「入札処理」を「県」システムでも実施のようです。

これを「市民」に、どのように周知されているのでしょうか?

・また「一元管理」されない分離分割は、施設と同じ「反縮充」では言行不一致かと…

 

更に「瑞浪市」は「特定随意契約」を別枠で一元化され管理資料も公表されています

・「随意契約」とは「競争入札」ではなく「特命」にて直接発注する方法のようです。

 

・記憶の範囲では「中公-地下水対策-5千万円」「旧庁舎-アスベスト処理-5千万円」等の高額工事も随意契約 - 特命発注とする意義理由も不透明な工事となっています。

・このように「随意契約」は、より透明性が求められ、「瑞浪市」がお手本と思います

不透明化 (誤魔化し) ではなく「見える化」が施政のあり方かと思います

 

----------------------------☆---

・予想外に有益な「瑞浪市」HPの検索 … 今後も時々、拝見したいと思います 

 それより、機会があれば「現地訪問」を試みることが百聞は一見に如かずかも…

 皆様も「瑞浪-詣で」をご検討されてはいかがでしょう 

 

  施政情報の公開公表は血税の使途の適否を判断できます

 非公開、非公表は、納税者の権利を剥奪ではないかと…?

 あるいは「施政のあり方」を逸脱ではないでしょうか?

「大家族」宣言の高浜なら 尚更施政一体化が当然では…  

 透明性の高い「施政運営」が切なる願いです! 

 

(最後まで、ご精読 戴だき ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸