t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか114施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体。一方、高小建設は50億円超。庁舎は、リース事務所に20年契約で30億投入の財政効果無きハコモノ建設を推進強行しています。   しかし、判明は、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口-5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を果たされず、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、高浜の市民生活は破壊となります。市民の監視を高めるため情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校施設の不公平建設

・先回のブログで気付きは「高取小」の施設改修時期の延期でしたが、市立学校全てを確認の結果、下記表のように、殆どの学校改修時期が当初計画より延期されてました。

・「自治体 - 行政」の施設計画の精度とはこの程度のレベルのものでしょうか…?

毎年恒例の見直しで「期限-延期」なら目標設定も達成努力も不要で成り行き任せ…

・ただ「高小」だけ「計画日程を強行」で「建替え」、更に「倍額建設」も強行です。

 

高浜市立小中学校の施設改修時期 (着工年)

学校 \ 計画  H29年版  H30年版  H31年版  施設費
高浜小  H29 (年)  H29  H29  49 (億円)
高取  H31  H32  H34  11
 H37  H38  H38

   9

吉浜  H33  H34  H34

 11

 H48  H48  H48  18 (億円)
高浜中  H35  H36  H36  16
 H39  H40  H40  13

  (*市資料に基づき作成のため、年号表示は旧年号となっています)

上記計画は「着工直前」に「延期」の可能性が多分にあります。信用は禁物かも…?

 

次の疑問は「高小」だけ「建替え」で、他校は全て「大規模改修」の計画です。

見方を変えれば「市制50年」のため、分院・庁舎と高小だけ「100億円」支出!

・その結果、他校は予算都合上、当初計画 (H27) より、ズルズルと計画延期のようです

 このような計画は杜撰 -「大家族」の望みでしょうか?

  何のため?  誰のための施政なのでしょう?  少なくとも「大家族」ではないようです

「市制50年事業」は、分院と行政と高小だけ対象なのかもしれません…?

 

--- 「不平等」な学校施設 ---☆---

●「高浜」の学校施設の建設仕様やあり方は 'いびつ' の産物となっているようです ?

・学校教育や教育施設環境は「平等公平」が「あり方」ではないでしょうか?

 「義務教育」であれば… 「市立学校」であれば…  尚更かと思います。

 

● ところが、不可解な実態は「高浜小」と「翼小」だけ優遇と思われる格差拡大が、公然と、この二校に実施され「不平等 不公平」と思われる事態は不適切の極みと思います

・例えば、上表の「施設費」も「高小-50億円」と「翼小-18億円」だけ突出しています

 

・「翼小」施設が完成した時、市立学校の未来像かと思いました。校舎スペースは余

 があり教室も「8m×9.3m」と2割増。図書室も広く、エレベータも設置されてます

 

・しかし「翼-仕様」は「高小」に適用されず「旧来の仕様」に逆戻りに倍額-50億円!?

結果 -翼小」だけ特別仕様は、市立小学校の格差拡大であり不適切と思われます

・これを強行であれば「納税率」は、各学区毎に設定されるのが公平なのでは…?

 「大家族」への施政施策の不平等不公平の是正策として

 

学校施設の床面積比較  (*資料 -「高浜市-公共施設のあり方等」より)

「児童一人当りの施設面積」-小学校-「翼小」「高浜小」だけ突出しています 

f:id:t2521:20200105095700j:plain

・「犠牲」は「高取小」と「吉浜小」- この格差是正は、次の建替え-数十年後…?

f:id:t2521:20200105100053j:plain

 

⇒ この格差 -「行政/議員さん」は翼小-竣工 (H14年) 時にはご承知のはず-以来-16年放置

・この是正の機会を「次回-建替え時」と想定すれば、その計画は「高取小-R16年」、

「吉小-R21年」と「30年以上」も放置はいかがなものか。これが格差の実態です…

 

--- 「学校施設」建設の浪費 ---☆---

●「市」は公共施設の寿命を「従来-60年」を「70年」- 大規模改修の周期は「35年」

 (*他の自治体の大勢は「寿命-80年」「大規模改修-40年」に長期化されています )

・国 - 提唱は「早期更新」せず「大規模改修し長寿命化」-「財政貯蓄」を推奨。

「高浜」は「早期更新」してから「長寿命化」と逆転の浪費施政を強行で財政困窮…

 

学校施設の建替え時期  

学校 竣工 竣工後 施設改修 改修後 建替時期 施設費
高浜小 1961 56 (年)  2017(建替) 40 (年)  2057(改修) 21.6 (億円)
高取 1965 57 2022(改修) 13 2035(建替) 20.4
1975 51 2026 18 2044 16.2
吉浜 1969 53 2022 18 2040 21.1
2001 35 2036 (35) (2071)  17.8
高浜中 1969 55 2024 18 2042 34.1
1977 51 2028

20

2048 25.0
平均/合計   51  

17

  156.1

  (*「改修後」- 平均年は「高浜小・翼小」を除くー「5校」です )

 

理解しがたいのは「高小」と「高取小」は、施設経歴は、ほぼ同じなのに、片や「建替え」、一方は「大規模改修」と差別を強行です。その理由説明はありません

 

・第二の疑問は「改修周期」は「35年」を、「平均-17年」で短期建替えの計画!

結果- 短期建替は、施設建設「最大の浪費」- 国はこれに警鐘を発信が高浜は無視…?

特に「高取小」は「R4年-11億円着工」-R6年竣工後、わずか9年後「21億円」で建替

 

・このように乱暴な「大規模改修」を次々と強行の施設計画となっています。

・試算すると「改修-59億円」を費やし「17年後」に解体 -年毎4億円を棄てる浪費!

結果- 次の「建替え」-「高小.翼除き - 117億円」を費やすという計画なのです

・貴重な血税が「数十億、百億単位」で「改修、解体、建替え」に湯水の如く費やす

「公共施設-ハコモノ計画」強行 - 慎重に、丁寧な あり方を遵守戴きたいものです…

 

・なぜ「17年」- 早期解体の理由は、施設寿命が「70年」の設定だけは遵守のようです

「寿命-90年」を設定のまち (安城) もあります - この「70年」も浪費の設定です。

・歳入額も、基金も少ない「高浜」が、なぜ、国の提言案も無視され浪費に励むのか?

・「財政投入」と「徴税」のバランス感覚が欠落の失政のツケを市民に転嫁は不適切!

 

 老婆心ながら危機感を強く抱く事態となっています 

  「浪費」の責任は行政では無く「市民」- 大家族に強制的に丸投げされます…

  「イソップ」や「夕張」の警鐘を噛みしめて戴きたいものです

 基金」を確実に蓄えてから、新事業に取り組むのが施政のあり方と思います

 

  ( 最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) … つづく 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸