t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - リース庁舎 - 施設施政の矛盾 

高浜市が、財政運営の失敗にもかかわらず、更に「恥ずかしい-リース庁舎」建設を

   強行の原因は「1.民間分院」への過剰な財政補助の可能性が高いと推測しています。

   (*「経営移譲」なのに「運営補助-30億円」∔「中公-解体」と「建替補助-23億円」 

  更に「駐車場-用地-1億円」∔「商工会-不可解な移転補償-1.5億円」と続きます )

 

・次に「2.市制50周年」を迎え、この成果訴求のため「施設建設」を強行のようです

このため「リース庁舎-33億円」∔「高浜小-PFI-50億円」=「計-140億円」投入断行!

 

● これで「140億円」- 年間予算額もの巨額投入を強行で、高浜の財政は「困窮!?」…

この「140億円投入」の財政削減効果は不明です-市は『面積削減が財政効果』とか…

・これで、施政も市民サービスの低落も「ハコモノ建設-強行」の犠牲です-不適切な証! 

 

---「施設建設のあり方」---☆---

かつて、高浜に「公共施設を『拡充』から『縮充』へ」を提案講演された東洋大

 先生の資料に下記の説明表を見つけました…      

-------------------------------

   (*「ポートフォーリオ」 - 投資を分散させること、またはその分散の組み合わせのこと ) 

f:id:t2521:20200303223917p:plain

-------------------------------

この表から気付きは「高浜」の財政は適正適切に分散分配されているでしょうか…?

・「ハコモノ-建設」施政につき「市民による選択肢が提起されていたでしょうか…?」

市民無視の「独断専行」や「ハコモノ建設強行」は原理原則からはずれ矛盾の施政!?

 

 財政運営のバランス感覚 - 適正分配とは思われません

   その一例が「市民」より「分院」大事の巨額補助の連続・・・明からな誤謬事例です

 

---「市庁舎」リース建設の経過 ---☆---

疑問は「建設業者決定後に市民説明」や「リース庁舎を着工後に『縮充』説明会」を

   開催は本末転倒、主客転倒の矛盾と感じています - この施策は明らかな誤謬では…?

⇒ あるいは「後手後手」の施政なのかも・・・。 結果-「財政困窮」は街の破壊です

 

 庁舎建設の経過

  内 容

H26年1月

「基本方針」- 新しい地域活動拠点の形成を目指して

H26年8月

「入札公告」- 募集要項・要求水準書等の公表

H27年1月

「落札決定」- 事業者選定結果の公表

H27年7月

「住民説明会」- 市庁舎-リース建設

H27年11月

「リース庁舎 - 着工」

H27年11月~

「市民説明会」- 公共施設のあり方-「拡充から縮充」

H28年6月

「入札公告」- 高浜小-PFI建設事業

本来は、方針発表と併行して「説明責任」を果たされるべきが「事後報告」の連続…

  完全に「大家族」は無視されています。あるいは納税ツール化・・・誤謬の証です

 

--- 「瑞浪市」との比較 ---☆--- 

 ● 公共施設は「拡充」から「縮充」へと訴求されています・・・

・では「高浜-公共施設」は「拡充」されていたでしょうか?   瑞浪市と比較しました

 

  瑞浪市

  高浜

人口

 37千人      (100)

 49千人      (132)

予算 (H31年度)

 154億円

 154億円    (100)

公共施設面積

 18.8万㎢

 12.2万㎢   (65)

一人当り

 5.1㎡/人

 2.5㎡/人     (49)

「高浜」の公共施設面積は「瑞浪市」の半分しかないのです-これを拡充とは疑問です

 

・「瑞浪市」の公共施設は「ホール」も「体育館」も高浜より格段に立派な施設です

瑞浪市」の施設方針は「今後-50年」を要して施設面積を30%削減とされてます

 

----------------------------☆---

全国的な位置付けでは、「人口-3~5万人」をみると「瑞浪市」面積は「最多層」

・「高浜」の施設面積は「中位」であり、これは「最下位層」らしいのです。

施設実態は「拡充」どころか「縮充-済み」なのです。が、これを更に「削減」とは?

 

市民は、市の説明に惑わされている可能性があります。あってはならない事態…

「高浜」の公共施設の面積は「全国」からみれば劣悪な狭さです - 「2.5㎡/人」-

f:id:t2521:20200204232343p:plain

「高浜」は公共施設の実態につき、このような客観的な比較情報も非公表で、定性的

  に「施設面積」が多すぎと、次々と連続解体は、市民を欺いている証です。

 

「縮充」と主張され「旧分院」はそのまま「6年間-解体待ち」- その間「分院」に成

 り代わって「固定資産税-年1千万円」を納税対応も市民の意志に背いているのでは…

「旧分院-施設 ('85年-築35年-途中で増築部は、まだ築20年とか?) 」、これも再利用

 も検討されず、放置は「市民の財産」を無駄遣いの証で不適切な施設管理を強行です

 

----------------------------☆---  

H21年-東洋大が調査された資料を引用。高浜は、最下段、つまり最低レベルです

f:id:t2521:20200303235838p:plain

これで「大家族」宣言は「言葉だけの施政」であり市民を無視の証であり残念です 

 

「高浜-施政」は、残念な隠ぺい体質に陥っています… 

 

---「ぷろぐ」あとがき ---☆---

 ● まさか「市民」を欺いて「施設建設」を強行されているとは … どんなメリットが …

・「無謬」の施政のあり方を完全に喪失されているのではないでしょうか? -私物化です

結果は「市民」の犠牲と 「高浜の未来」が崩壊です

 

 この不適切な施政を正せるのは「市民!」だけです…

 「大家族」が監視力をもって、注視することが大切です

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸