t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 共生の財政補助のあり方

● 「医療」という聖域に感謝しかないのですが「スモールシティ-高浜」の財政を破壊はいかがなものか?

「施政」は市民には「No!」の即答 -「分院」には「イエス-マン」の不甲斐無い施政判断は残念です

・「議会」でも「分院からお願いされている」とだけで「賛同-通過」は、監視力も疑問であり…不可解

 

・最近の病院建設例を基に、「自治体」の補助動向につき比較検討を試みたいと思います。

「結果」- 高浜における補助負担は過大であり、この巨額負担は市民生活に暗い影となっています…

 

施設 刈総 藤田学園 高浜分院
病棟 健診棟 岡崎医療c 新分院
施設仕様 地上-8階 地上-8階 地上-6階
延床面積 -不明- 37,663㎡ 10,443㎡
病床数 134床 400床 142床-(療養94床)
事業費 -不明- 200億円 40億円
自治体-補助 7.6億円 50億円-25%負担 20億円-50%負担

・H24-2.7億円

・H25-2.5億円

・H26-2.4億円

・岡崎-40億円-20%

・幸田-10億円-5%

・10年-分割
その他  - 土地-立替え-10年 ・運営補助-3億円

 

●「自治体」-「刈谷-人口-15万人-予算-6百億円」「岡崎-39万人-12百億円」「高浜-5万人-1.7百億円」

・「刈総-健診棟」と「新-分院」の施設規模は同等程度?- 補助は「刈谷-8億円」に対し「高浜-20億円」

自治体-予算比」-「刈谷-8億円-1.3%」対し「高浜-20億円-12%」と余りにも「過大」な負担です

・更に「経営基盤強化策-年 3千万円を10年間お願いされている」と議会通過の誤謬は「14%」に!

 

「刈総」は地域を代表する大病院 - 且つ「医業収益 - 数百億円」という超優良経営の病院のようです

この「大病院」が「零細-高浜」に、なぜ、病院建設の巨額補助を託されるのか?  共生負担なのか?

・「契約」は「旧分院-建替地」-「中央公民館」を早期解体のご要望は常識を超え市民生活が犠牲です  

・更に、経営移譲以来「累計-60億円」-「市予算-35%」もの巨額補助を契約は「共生」の欠落では…

   (*「補助」-「旧分院-運営補助-30億円」+「新分院-建設-23億円」+「中央公民館-解体整備-7億円と推定」) 

この市財政-破綻の巨額負担を締結は、イエスマンの証か、奉仕精神が旺盛すぎ … 失政に失望です!

 根本的な問題は「施政の情報発信」と「説明責任」の欠落、更に「市民の無関心さ」かもしれません

 

●「藤田学園-岡崎診療c」への自治体-補助率は「25%」-「高浜-50%!」は共生限度を超えているのでは?

自治体-予算比」-「岡崎-40億円-予算比-3.3%」- 刈谷の例からも「予算-3%程度」が共生レベルかと

 今にして思えば「無謀」にも近い法外な契約をなぜ締結されたのか真相をご説明頂きたいものです 

 

● 更に「旧分院」の施設管理を再び「市」管理に差し戻し「固定資産税」を市民負担も残念な施政判断!

●「公共施設-財政削減策」-「長寿命化-70年」は掛け声倒れに終わり「早期解体」を強行の連続です

「旧分院」も「築34年」-「6年間×1,190万円」= 約7千万円を血税負担後-解体(予定)は「財政の浪費!」

   検討に数年を要したであろう「公共施設管理計画」に、施政自ら裏切りとも思われ切なさすら覚えます 

 

---「施政運営の誤謬」---☆---

● ブログ主旨は 「分院」ではなく「施政運営の悪さ」と「血税浪費の連続は異常事態」の指摘です…

⇒ もはや「異常」を超えて「施政-崩壊」ではないでしょうか?

 

・その誤謬の「イエスマン-施政」の経緯経過を勝手な推測も含みながら記したいと思います

----------------------------☆---

この犠牲は「子どもら」- 市内唯一の「劇場型ホール」は「分院にお願いされたと-築36年」で解体!

「中央公民館」の解体により「子らは、市外のホール施設を渡り歩いています」- 市はこれを推奨!

 

・「分院-補助-60億円」- 「市債」は減らせず「基金-積立」にも支障が発生と思われます。

・その「財政-逼迫」を乗り切るため「財政-緊縮」が定石ですが、「市制-50周年」が控えてました…

・「財政-逼迫」の対応策として「リース方式」を選択-予算上「床面積-半減」の「庁舎-建設」を強行!

同予算-30億円で旧庁舎 (築40年) を改修すれば床面積は倍増し組織も縮充なのに、予算工面は困難…?

 

・「庁舎-床面積-半減」は狭すぎて「役所-組織」を分割分離 -「移転先」でも狭小-事務所で効率低下!

ある市民は「本庁」から4~5百m先の「いきいき広場」を往復の経験もされたとか…これが20年も…

 

 このように あたかも負のスパイラルに陥っている様相です

    脱出には、相当のエネルギーや抜本的な改革を要します

 

----------------------------☆--- 

・「庁舎」だけでも不満、不信感は山積しています。誤謬と矛盾の連続です

・このまま「公共施設計画-約3百億円-推進強行」は疑問と不安しかありません

・ 施政にお任せは浪費が修正出来ない事態となっている今、真剣にご関心を寄せるべき時と思われます

 

「高浜」の未来は「誤謬の施政」に市民が翻弄されているのが実態

  このままでは「次代の市民」に負担を掛けるだけの夢の無い街に…

  市民-皆様がお気付きのチャンスとなれば幸いです

 

 (最後まで、ご精読戴き  ありがとうございました )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸