t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅲ (図書館) 

● 今回の「公共建築-計画」は「異常な強行」としか思えません - とても施政のあり方とも思えません

・「市民」より「建設業界」が恩恵を得るであろう計画を強行は不適切ではないでしょうか …?

・「建設基金」も適切な準備なく「リース」や、次々と市債発行による「借金-建設」は無責任の証し …

・「スクラップ&ビルド」を繰返し強行には「財政-削減効果」も疑問しかありません …

 

● 今回の疑問施設は「碧海町」にある「図書館」と「体育センター」につき、検討を試みます

「あり方を考える」- [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachme」nt/1767.pdf

 

--- 「施設-解体の理由」? ---☆---

● 両施設は「震災時、液状化」が想定されると「移転-解体」を予定されていますが、これが疑問です。

・まだ「築40年程度」の両施設は今-「大規模改修」が適正適切な施設管理のあり方 … これを解体は浪費

「市制50年」を迎え、先人の築かれた施設をことごとく破壊は「怨み」でもあるのでしょうか…?

  

・これが正常で無謬 (むびゅう) の判断とは思えません

・まだまだ使える施設を解体は "もったいない" 限りです

・「自ら-施設寿命-70年」を設定し「40年」で解体は矛盾の証し 

⇒  理性と正気を取り戻して戴きたいものです

 

● 「市民一人当りの施設面積は全国-最下位 - これを更に削減しなければ危機とは「財政運営の失敗」

「失政」です - 「民間分院-60億円補助」もの適切を超えた過剰な負担を強行が「財政困窮」の元凶

 

●  今、この失政を市民に押付け「民間分院」補助強行は「子ども」も含め全市民が犠牲となっています

「コロナ禍」で市民が困窮の-今-「分院補助-3億円」対「市民支援の独自施策-3百万円」が証し 

 

 「樹木は伐採」「施設は解体」- 破壊の施政を止めるべきです   

 

さて、今回のテーマである「図書館」と「体育センター」の説明です…このたった一頁の説明で解体!?

市民の「血」と「汗」の結晶である「血税-建設」の市民の財産を「軽視」の証しです 

 

--- 「図書館」 ---☆---               --- 「体育センター」 ---☆--- 

f:id:t2521:20200601214323p:plain  f:id:t2521:20200601214341p:plain

 

--- 「防災対策のあり方」---☆--- (*ハザード・マップの確認 )

● 両施設や近くの「武道館」の場所は、地名表示「碧海町」の文字の上 (北側) に位置します。

・つまり「浸水」は浅く、「液状化」も「港-小学校」と比較すれば、危険度は低いとされています

「図書館」や「体育センター」より「港-小学校」の移転、防災対策を優先があり方と思われます

 

●「なぜ」- 港小は存続で、両施設や武道館は解体なのか、まったく理解出来ません

・ 「公共施設」-「市民一人当り面積」-「全国-最下位」を死守されることの理由も不明です?

「執拗なまでの解体強行」- 市民生活の向上に貢献とは思えません。 逆に全国最下位の市民生活は犠牲!

 

---「浸水分布」---☆---              ---「液状化危険度」---☆---

f:id:t2521:20200601214438p:plain      f:id:t2521:20200601214451p:plain

 

--- 液状化-施設対策」 ---☆---

ある建設会社の資料に「建物の液状化対策」を見つけました。

・「公共施設」であれば「左図」のように "堅固な支持層" まで杭が打たれていると思われます

つまり「解体予定施設」は「液状化対策-済み」の強固な施設 - なぜ解体なのか全く不可解 …

・「適正適切」な建設工事がされ、解体理由の証明もされず、「解体-強行」は市民を裏切りです。

 <建物の液状化対策>f:id:t2521:20200601214726p:plain

  

 「碧海町」にお住いの市民の生命の安全確保のためにも「避難所」として「施設存続」があり方では …

  近年の解体強行は「理性」も破壊されています。尋常ではありません

 

--- 「老朽化-リスト」 ---☆---

●「建替え」は、1.「高浜小学校」だけ。他の小-中学校は「大規模改修」で利用継続 …

この学校群より「老朽度」が低い - 10.「体育センター」や15.「武道館」は「解体」… 狂気の沙汰です

 

f:id:t2521:20200601214510p:plain

 

----------------------------☆---

このような乱暴な矛盾の解体強行は「市制50周年」を汚す失政です

・市民を誤魔化し、裏切り「倍額 - 独占発注」の連続は異常です

 

  更に、市民に「恥」をかかせる施設計画を強行は "いじめ" です …

   そこに「大家族」精神を汲取ることは出来ません …

  その "まちづくり" は「市民の失望と落胆と無念」の積み重ねだけ …

 

   結果 - 「施設面積-全国最下位」- まちの魅力も欠落の "まちづくり"

   

 「大家族」精神の回帰を望むことしかないようです …

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸