t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅷ (暴走) 

● 「施政」のイメージは「公明正大」「正確無比」「透明性ある運営」・・・

・ところが、高浜施政には、このイメージには程遠く、「暴走」の繰返しと映っています。 

「市民」をこれ程までに「無知化し馬鹿にした」施政は、とても看過できるものではありません

・「無知化」とは、「施政情報」を制限、非公開を推進。要するに市民に施政を考えさせない事

 

● 公共施設のあり方として「国」は「新しく造ること」から「賢く使うこと」への重点化を提唱 

「高浜」は、国策にも反して「スクラップ&ビルド」を強行は「暴走」です

 

--- 「縮充」 ---☆---

● 「規模は縮小、機能は充実」は、まったくの「ウソ」同然は、裏切りです。

「旧-集会機能」は「中央公民館・大山公民館・老人憩の家等々 - 約5,000㎡」- これを規模縮小と、

 「地域交流館-たかぴあ-集会室-150㎡」に縮充?これを「面積削減」だから「財政効果」と説明

 

  つまり「旧施設の面積比-3%」で適正適切とは言語道断の事態です

 

●「旧-公民館」では「カラオケ・ダンス・軽運動」が出来たのに「新-集会室は禁止」- 会議だけの施設

つまり「機能充実」は「ウソ、偽り」の施設建設を強行と判明!

その施設費は「倍額-50億円」。このどこが「財政削減」でしょう …?   市民を馬鹿にした証しです

・「学校の施設建設」に、なぜ、「倍額-50億円」も掛かるのか、浪費の施設です 

     (*建替費 -「高取小-21億円・港-16億円・吉浜-21億円」⇒「高小-50億円は "2校分" の破格は異常」)

 

  「盗人猛々しい」とは、このような事態を表すものでしょう

 

---  「補助」 ---☆---

そもそも、高浜-財政崩壊は「民間分院」への過剰過大な「運営補助-60億円」が元凶と思われます

・市財政が破綻する程の犠牲を払う価値もまったく理解出来ません … 不適切な「癒着-構造」では …?

この結果「基金を切り崩しとなり、"狭小-レンタル型事務所-庁舎"」に切替え強行と推測しています

 

「民間病院補助 - 単年度の比較」病院補助額を実施の隣市 - 刈谷と比較しました  

   運営補助 (年)   人口        円/人    比率
刈谷    4億円  15.3万人    2,610円    100
高浜    3億円    4.9万人    6,122円    235

 

⇒「高浜-市民」は、なぜ「刈谷-市民」の「倍額-負担」なのか …?  「高浜-サイフ」と称する所以です

・この「負担の理由」を、市民に、何時、どのように説明されたのでしょう …?  

「60億円」もの巨額補助の理由説明も無く「ダンマリ強行」は裏切り!

  更に「移転用地」は「中公-築36年」を早期解体とは、呆れるばかり

 

「失政」と言えども、「暴走」と言えども、限度を超えてます

 「施設を増やさない」とされながら、今、市内には「分院-施設」は2棟となっている事も "デタラメ" …

 

--- 随意契約」の連発 ---☆---

本来の血税利用のあり方は「予算の効率化」「公平性」「透明性」の点から「競争入札」が最適です

・これを「随意契約」とは、「特命」にて発注するもので、正当性を担保することが必要です …

 

ところが「中公-地下水対策-5千万円」「旧庁舎-アスベスト-5千万円」等、当初から「出る」と言わ

 れていた案件 - これを着工後「やはり出ました」と突発的に相場より高額と噂される不適切な指名発注

 

・「青少年ホーム-産廃工事」もいつの間にか「倍額」でプール会社に発注も不適切と指摘されています

・この「プール-産廃」と同様に「こども園-産廃」も工事業でない「幼稚園-会社」に発注も異常だとか…

「高浜」では異常な工事発注が倍額で乱発されているそうです

 

  「市制50周年」は格好の工事発注のチャンスだったようです 

  しかし、その後は巨額の負債が残されているのです

借金返済は「後世の市民」にお任せだから大丈夫と言われて … 

 

「なぜ、庁舎は、恥ずかしい "レンタル事務所" 」

   「なぜ、高小は "倍額-50億円建設" 」… 強行は暴走です

 

●「市」は億単位の事業となると「一社独占」を採用の仕掛けを造ります … 行政機能の崩壊です

・「庁舎」「高小」「プール」、「学校エアコン」も、同様の「一社独占」…

・「学校エアコン」では「一教室当り-3百万円」を超える超-高額工事を強行となっています

他市の実績例を調べてみると「小牧市 - 210万円/室」「みよし市 - 170万円/室」…

つまり「約3億円」も高額な工事を発注の「学校エアコン-設置工事」となっています  

 

   これを「財政削減」とは、開いた口が塞がりません 

 

--- 「浪費」 ---☆---

「高小-倍額-50億円」も同様 - 埼玉の同規模の複合小学校は「屋上プール付き-23億円」

・「倍額」工事の多発は「高浜」の常識でしょうか?   落札率も高率が多く、常態化しています

「庁舎-レンタル 」も「落札-99.99%」契約とは、典型的な「浪費-契約」を強行となってます 

 

・これでは「財政困窮」は当然 - この対策として「施設面積-全国-最下位」を目指すしかない施政運営、

 財政運営は暴走-施政の結末です 

これを「市民」の犠牲も意に介されず強行は「高浜-百年」の損害 - 「破壊」のまちづくり

 

<高浜の施設面積> - 全国平均 - 「3.5㎡/人」- 高浜は全国平均どころか「最下位」をめざすは失政です 

f:id:t2521:20200608002812p:plain

・ここ数年の解体強行により「一人当りの面積」は「2.5㎡/人」程度にまで減少と思われます

 

・この失政を放任は「高浜 - 崩壊」です 

・「高浜-施政」は、議会も含め構造的にも常軌を逸しています 

不思議なくらい、まだまだ失政の痕跡は数え切れません - こんなことは、あってはならないこと

 

・市民一人ひとりのご自覚と自立による監視が必要な緊急事態です

 

 そう「高浜」- "あぶない" 事態です 

 

    ( 最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました。ご一考をお願いします ) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸