t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - ウソ説明の「まちづくり」

「高浜」の "まちづくり" の問題は「異常に強引」過ぎることです

・たまたま「市HP」-「沿革」を見ていて、ようやく、その理由、仕掛けに気付きました

● 昭和45年-「市制施行」- 昭和50年代以降の「公共施設」を恨みを晴らすが如く連続解体の凶行の異常

この異常さには、"まち"や、施設に対する "畏敬" や "愛" も感ずることも出来ません … ただ "解体" 

 

● 先人の功績でもあり、市民の財産である施設をことごとく解体し、その痕跡を抹消強行されました

・次に、代替施設として、リースや民間資本を利用し、倍額で建設の「財政-浪費」は裏切りです

功名心に駆られ「施設計画」という矛盾の名目で市民の財産を解体は裏切りであり、過ちを強行です

 

● 「中央公民館」解体前から、「公共施設-面積」は市民一人当り「2.9㎡」は「全国-最下位」…

これを更に、削減しないと財政破綻とは、本来の財政運営の失敗失策の積み重ねであり失政の証し

・この失敗失策の責任を「市民-5万人」に押付けとなっているのが「高浜-施政」の問題点 …

・「民間分院 - 運営補助-60億円」という常識外れ、桁違いの巨額投入も、失政の証し …

 

 

滑稽に感じた事は-沿革-「H29年 - "新庁舎" で業務スタート」と、ごく一般的表現とされていたこと。

全国的にも稀有なリース事務所-採用!」とは、やはり、恥辱なのか?  一言一句も記載されていません

・「市史」には、どのような表現とされているのでしょう …?  やはり失敗は残したくないと隠ぺいか …? 

・「庁舎-床面積」も狭すぎて「組織分割」の実態は、どのように記録表現されているのでしょう …

 ⇒ この裏切りの実態を正確に記述戴き、後世の市民に確実に伝えて戴きたいものです

 

最近、ようやく「コロナ-対策」を発表掲示されました -「〇〇-マスク」同様、タイミングは後手後手

 [検索] :  新型コロナウイルス感染症に関する支援策一覧 - 高浜市ホームページ

⇒ やはり「受付窓口」が「本庁」と「いきいき広場」二分割は「不便な庁舎」 … 庁舎建替え効果も無し

 

・前置きが長くなりました。いよいよ本題です … 

--- 「虚偽説明」 ---☆---

実は、数年前、全学区の市民説明会にて「公共施設のあり方を考える」を実施されました。

・この説明会で冒頭、「50年後の人口推移」は「激減」- つまり「財政危機」になると説明。

これが「虚偽 (ウソ) 」の説明を強行された疑念が発生。 まさに裏切りの上塗り同然かと思われます 

 

 

●再び -「H27年11月」-「高小学区」を皮切りに「公共施設のあり方を考える」と題して説明会-開催。

・「公共施設-面積削減-縮充」の理由は「財政危機」- その要因は「人口-激減」との説明

     [検索] :  https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1767.pdf

 

 <人口-激減> の説明資料 - 「H27年11月」~「H28年1月」まで各学区で開催 

f:id:t2521:20200613154319p:plain

 

人口推移 2010年 比率 2060年 比率
人口 12,806万人  100 8,674万人  68

 

つまり『「50年後」には「人口-3割減」となり、これに比例して税収減のため財政危機』と説明

よって「施設を早期解体」し「規模を縮小し、機能充実して建設が解決策」の説明にしぶしぶ納得…

 

ところが・・・

<高浜-独自の人口予測> -「H27年4月」- 上記説明会より「6ケ月前」

高浜-人口予測 2010年 比率 2060年 比率
人口 45,163人 100 48,822人 108

 

先の説明会より「6ケ月前」に「高浜-人口」は、50年後-「108%」と報告されていた事が判明!

 [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/14364.pdf

 

● 施政は真実では無く、市民をあざむく意図をもって作為的に「全国の人口推移」にて説明強行と判明 !

・「利用可能な公共施設」を「市民を騙してまで解体強行」は「裏切り」同然 … あってはならないこと!

   公共施設 - 早期解体は市民-五万人を裏切りです 倍額建設も怪しい 

 

--- 調査機関「アシタのたかはま研究所」報告書 -「H27年4月」 ---☆---

f:id:t2521:20200613154343p:plain

 

--- ありえない「ウソ」の施政説明 ---☆---

●「建設業界」では「鉄筋コンクリート (RC) 」寿命は「約80年~150年」と言われます

・「高浜」は「40年」を老朽化と説明 -「財政削減」を理由に次々と連続解体 - 早期解体は裏切りです

  (*税法上でも「RC」寿命は「50年」と制定されています - 「中公-築36年解体」は詐欺同然 … )

人口激減で「財政困窮」⇒「実態」は「人口維持が続くまち」-「施設寿命を半分で解体」は暴政です 

 

● 本来「まちづくり」は「大家族」が参加し、大家族の意思の納得を確認され推進があり方 … 通常、

 数年を要するとか … これを「数か月単位」で施政独断で強行、様々な疑惑の浪費が浮上しています

「市制50周年行事」に間に合わせるべく施設建設を強行という短期目標の「まちづくり」が過ち …

 

 施設説明会も「中央公民館」説明は、「高浜学区」限定だけでは「高浜」を私物化の証し!

「中公」は、市民-五万人の財産です … 民間分院のため公共施設解体は前代未聞の不祥事 …

  

「目的」のためには手段を選ばず -「ウソ」説明で市民に誤解を与え「過ち」の施政強行は詐欺同然 …

「結果」-「旧-公共施設の連続解体は不適切」 - 裏切りを強行は「高浜-崩壊」のようです

 

  市民に「ウソも方便」と虚偽説明を強行は過ちでは済みません

「ウソ説明」により、使える施設を解体強行の損失は計りしれません

 

「ウソ説明」により、22世紀の施設計画、財政計画が狂っています

  市制50年-施政は、高浜の「未来を崩壊」の施政です

   その負担は後世の市民任せの無責任 - 施政のあり方を取り戻すことも困難となっています - 失政です!

 

 --- 「施政の疑問」 ---☆---

●「建前」では「大家族」「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」と言われ市民意見は無視。

・「新しく造ること」から「賢く使う」と言われ、連続の「早期解体」の矛盾。

・「まだまだ利用できる公共施設」を「利活用促進」もされず「放置・納税」だけの無策 …

「物言わぬ市民-5万人」の想いや願いを踏みにじり「血税」だけは高額設定に尽力も裏切り同然 …

  

 あるべき施政 - 施政のあり方を取り戻して戴きたいものです

 

   (最後まで、ご精読いだき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸