t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (入札)

施政に少し関心を寄せ始めて以来、常々、不信感を持つのは「血税」が有効-利活用されているのか …?

・最近の最たる浪費は「民間分院 - 60億円補助」で、市全体の財政運営にも弊害となっています

 (*「60億円」- 市年間予算-「170億円」の 35%にも相当する巨額を民間分院に投入は暴政失政 ) 

結果 -「庁舎-建設基金」が枯渇し、それでも建設強行の手段として「リース」を選択 -「30億円」

 

・民間分院に「庁舎 -2棟分」を献上です … その献上の理由も効果も不明 … 判明は刈谷市民の倍額負担

 

「かわら美術館」も「分院補助を超える - 90億円」も疑問であり、数年後「民間譲渡」とは無責任 !

血税が市民に還元されず「特定」の施設に巨額の限定投入となっている費用対効果は疑問であり浪費 !

 

  高浜-財政運営はその効果も使途も疑問や不可解な点が多すぎます

 納税者の努力を嘲笑うがごとき、巨額補助に投入は裏切り同然です

 

--- 「談合」 ---☆---

● 気になった記事がありました。20.6.25-中日新聞-P.27-「国宝修復 官製談合疑い」、下記に一部添付 … 

 

f:id:t2521:20200627080639p:plain

 

記事内容は、「予定価格-9279万円」- 「落札価格-9256万円」- 「落札率-99.7%」

やはり「落札率-99%代」のように「極めて高落札率」は問題を多々含んでいるようです

 

「高浜-入札」の水準はその意味で問題です。「落札率」は問題レベルとされる「95%超」の連発です

・真っ先に浮かぶのが「狭小 - リース庁舎」の「落札率 - 99.99%」- これは超異常レベルでは …?

  「財政削減」と言われますが、実態は「浪費」の連続です

 

庁舎 -「30億円」の買い物で「38万円」も安かった …!? と契約

⇒ これを、庶民感覚で言えば「1万円」の商品を「1円」も安かった - と注文なのです … ありえません  

 ・このありえないのが「高浜」-「入札」では横行しているようです。 「信頼」は裏切られています

 

血税」は、市民-5万人の血と汗の結晶です。

・この「公金」の使途は、よくよくお考え戴いて、最適な方法を選択戴きたいものです

実態は「市民」が望まない使途に多用 …?  「公金」で建設した施設を寿命前に次々と「早期解体」

・まるで「血税」を湧き上がる湯水のごとき利用は、浪費-同然。 あたかも "キリギリス" のよう …

 

   このような視点から、しばらく「入札」に関する情報を取り上げていきたいと思います                                         

 

--- 「談合」 ---☆---   ご参考

● 同記事の翌日版 - 20.6.26-中日新聞-P.27-「99%超落札 17.18年度も - 滋賀談合」、下記に一部添付 …

f:id:t2521:20200630084803p:plain

 

                                                                                                                                                      (つづく)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸