t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり Ⅱ (財政運営)

民間分院のため「公共施設-中央公民館を早期解体」以来、施政に「矛盾と裏切り」を痛感しています

・常識的にも、民間のため公共施設を早期解体し、財政補助-60億円もの血税投入は疑問しかありません

以前、お伝えしたように「隣街の市民負担」に比べ「高浜市民」は「倍額超」の負担は虐待同然では…

 

病院補助 市予算-億円 人口-万人 運営補助-年 運営補助-人
刈谷 599 15.3 4億円 2.6千円/人
高浜 170 4.9 3億円 6.1千円/人
刈谷 28 32 75 234

● 「公共施設」も同様に倍額強行は、「破壊」のまちづくりであり「高浜」の未来は危ない…!

結果 -「庁舎建設基金」を喪失し「止む無く-分割払い-リース」を選択は「主客転倒」の施政では…?

 

 これが公共施設計画が負のスパイラルに陥った最大要因と思われます

 もうひとつの要因は「施設建設-庁舎と高小」を「市制50年行事」を目標とされたこと - 私物化の証し

 

<リース庁舎の賃貸-支払い計画>

リース庁舎の賃貸料は、R18年まで「毎年-1億38百万円」計ー約29億円を支払い-次に解体建替えの計画

血税を湯水の如き投入に「財政削減効果」は疑問 - 僅か20年 - 再び「庁舎-建替え」は浪費の凶行では

 

・民間分院のため「中公-早期解体」-その代替として「高小も早期建替-倍額-50億円」は施設計画が破綻

結果 - 小中学校の施設改修と建替え周期が混乱 - 整理がつかない事態に陥り、また「浪費」を繰返し

 

   破綻の施設計画を強行は暴政の凶行となっているのでは…

 

f:id:t2521:20200816103405p:plain

  (*支払い計画 - 30年以降、毎期(四半期) -「34.5百万円」をR18年まで均等払い-最後-解体40百万円 ) 

 

「リース-20年契約」- その後を決めて建設があり方を後世に丸投げの無責任は「破壊のまちづくり」

本来 -「施設計画は百年の計」があり方を「旧庁舎-築40年で早期解体」を含め破壊でしかありません

・また「施設建設-基金を蓄積」後に「建設」があり方 - また借金強行でしょうか … 思い付き建設 …

 

  用意周到な計画的公共施設建設を期待することが過ちなのでしょうか

 

ちなみに「リース庁舎-床面積-3668㎡-賃料-月当り-1,150万円」-名古屋市内の貸し事務所並みの相場

三河域 - 貸し事務所「賃料単価-0.12万円/㎡」と比べれば「リース庁舎-0.31万円/㎡」は「約2.6倍」

 

   業者さんには優しい施政を強行は血税の浪費です

 

<狭小-リース庁舎>の施設計画 

●「公共施設-推進プラン」では「R15年~庁舎-あり方検討」では後世に丸投げであり無責任の証し…

⇒ 使用期限は「R19年1月」- 僅か「4年」で「庁舎-百年の計」を検討準備とは再び失敗の繰返し…

・「市民の声を反映しない-参画させない」「基金積立もしない」- 裏切りの施設建設は「破壊」です

 

--- 「公共施設推進プラン」 ---☆---  (*「リース庁舎」は失敗失政のシンボルです )

f:id:t2521:20200816134553p:plain

 

<あり方検討のコメント>   (*「丸投げ」は無責任の証し )

f:id:t2521:20200816134606p:plain

   (*この「コメント」の裏には「リース期間-延長」の可能性を含んでいるようです-失政の延長を押付け)

----------------------------☆--- 

 ●「庁舎」のあり方を「リース庁舎建設-15年後」に、ようやく「集約」を検討開始も無責任の証し

「狭小-リース庁舎」は「破壊の"まちづくり"」のシンボルです

 

・「リースは割高」- 通常の建設方式であれば「建設費-30億円」÷「総務省単価-40万円/㎡」にて試算 -

「狭小-リース-3,668㎡」の倍-「面積-7,500㎡-寿命-80年」を建設可能です - これを不採用は裏切り …

・今にして思えば「なぜ、巨額の浪費 - 狭小-リース」を選択されたのか - 理由根拠が希薄では…??

 

・本来「庁舎-建設基金」を積立てて建設があり方 - 民間分院-補助で基金喪失したと「リース」は浪費…

自治体」には「市債」という奥の手があるようです。当時「施設基金」も「10億円」の準備可能…?

・「リース庁舎」建設の理由・背景は「黒いベール」の裏に隠されているようです - 不可解な施設建設…

 

・公共施設計画は「合計-260億円」もの大事業 - 市民生活に直結する財政計画を明確化戴きたいもの

 

「行政と議会で決める」では余りにも傲慢であり無責任では…

   施政に「公明正大」「透明性」を求めるのは無理な時代なのは残念しかありません・・・

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸