t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり Ⅳ (庁舎)

「狭小-リース庁舎」は、突き詰めれば、突き詰める程、不適切な「浪費」が見えてきます

・「維持費」を除外して比較検討してみました

 

庁舎施設 面積 建設費 施設寿命 建設費/年 備考
狭小-リース 3,668㎡ 16億円 20年 80百万円 組織分割
大規模改修 7,674㎡ 19億円 30年~40年 64百万円 (30年)
建替え 7,674㎡ 30億円 70年 43百万円  

 

「リース」は最も高額 - 血税を不適切な浪費の施設建設と思われます…

この失政は百年影響します - 現市民は「22世紀」の高浜に対し、ありえない失敗を選択では…

 

<紙上-シミュレーション>

・施設改修-35年、建替え-70年と設定。建設費は「総務省単価」を流用

 

 寿命-70年  2016年 2035年 2070年 2105年 建設費-億円
狭小-リース 30 30 19 30 109
  2016年 2050年 2085年 2120年  
大規模改修-建替 19 30 19 30 98

  

<リース庁舎> 

・これは「行政と議会」で決められ強行された計画です … 「市民説明会」は着工3ケ月前 … 参加-40人

 

・建設目標は「財政削減」とされながら「最も高額」な施設建設を強行です…

・この実態は、21世紀の市民にとっても、22世紀の市民にとっても「失政」を押付けの暴政では …

 

・「公共施設推進プラン」-「3百億円事業」の財政効果は「破綻」しています…

   

 この「破綻計画」のまま強行は「22世紀」の高浜も破壊です

  

   「中央公民館-築36年」を早期解体以来、「破壊」の失政の連鎖は「22世紀」に続きます…

 

<紙上-シミュレーション> ご参考

・施設改修-40年、建替え-80年に長期化設定 - 多くの自治体が採用。 (*安城市-90年)

・どちらが「財政削減効果」が高いかは一目瞭然 … なぜ、高浜は浪費の70年を選択なのでしょう …?

 

  寿命-80年 2016年 2035年 2075年 2115年 建設費-億円
狭小-リース 30 30 19 30 109
  2016年 2055年 2095年 2135年  
大規模改修-建替 19 30 19 30 98

  

・「高浜」- 施設寿命-70年の根拠は説明解説無く、短絡的に決められたのでは … 

・文献では「コンクリート寿命」は、水分管理等により、「百年」を超え「二百年」でも可能とか …

 

 22世紀の高浜に、悔いなく胸を張って伝承したいものです

 

 

  (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸