t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「未来の高浜」の矛盾 Ⅲ(体育館)

● 高浜の「公共施設計画」の問題は、市民に正確丁寧では無く、市のご都合に合わせ虚偽説明を強行です

結果「かわら美術館-100億円」「分院補助-60億円」「リース庁舎-30億円」「高小-PFI-50億円」と

  「財政困窮」-「財政削減」と説明されながら、これだけでも「240億円」もの巨額投入を強行…

 

・「かわら-美術館-築25年」の短期にもかかわらず現在「民間譲渡」を検討中とか…「失政」の証し…

振り返ってみれば「100億円」も投入され、どのような効果があったのでしょうか? 

・「効果無し」と民間譲渡で施設管理責任を果たしたと言えるのでしょうか…?

・「美術館-備品」として購入された「美術品 - 総額-6億円」もの措置はどうなるのでしょうか…?

  密室政治で「議会で決めた」では裏切りの施政の証しです…

 

--- 「虚偽説明」 ---☆---

市の命運を左右する「ハコモノ-計画」につき、市が「ウソ-説明」を強行は不適切の極みです

<人口推計>

● H27年 - 市内5学区の説明会で「日本-人口」は激減 ⇒「高浜の未来も危ない」と説明されました

この説明会の数か月後 -「高浜の人口は漸減傾向」と "あしたの高浜研究所" は報告されたようです 

・この「高浜」独自調査の「人口推計」は、ご都合が悪いのか、積極的な公表活用は見受けられません… 

 (*私自身、この資料の存在を知ったのは「数年後」- 情報隠ぺい化は高浜-施政の特徴は残念です )

 

 ・<説明会で発表-日本の人口推計>           ⇒     ・<調査委託-「高浜」の人口推計> ・市-調査 

f:id:t2521:20200829093732p:plain  f:id:t2521:20200829093824p:plain

 

<将来人口推計> 2020年⇒2060年

年代 年令 2020年 2060年  伸率
年少人口 ~15未満   7,524   5,900   78%
生産年齢 15~65 32,292 28,000   87%
老年人口 65以上~   9,421 15,700 167%
合計   49,237 49,600 101%

 

この「2060年」の人口推計は、上記の「市」の予測資料から読み取った人口予測値です。

・変化が大きな年代は「老年人口-約7割増」、次に「年少-約2割減」、「生産年齢は1割減」-人口合計

 は「40年後もほぼ同等」の予測結果 - 市は「将来、人口激減で大変 - 財政破綻する」の説明と相違 ?

これで「公共施設」を次々と連続解体、更に「リースだ、PFIだと倍額-計80億円建設」を強行…

 

結果-「公共施設面積-2.5㎡/人」と全国最低を目指す施政は疑問です

更に残念なのは「公共施設」は「学校」だけを目標とされていること

 

問題は「7割増」の高齢者対策 -「地域交流施設」の拡充が正解ですが市は「縮減-強行」は逆行の過ち

これを「暴政、失政、デタラメ」- 高浜「破壊」と指摘しています

・先回のブログテーマ「図書館」も市内-数か所に-図書室化して移転も施設方針から逸脱を強行も過ち 

 

今は「公共施設」を維持継続の改修程度に抑え、市民の智慧を寄せ合って将来計画を構築があり方…

同時に「財政改革」を図り「公共施設-建設基金」を少なくとも最低-百億円程度積上げすべき時節です

 市民を騙して驚かせて「倍額-建設」は「高浜-破壊」の裏切りです

   その原資は、再び「市債 (借金) 建設を強行」は後世の市民の負担増額となり施政の犠牲を強行は失政…

 

--- 「裏切り」の手法 ---☆---

<施設削減の手順>  

● H27年 -「説明会」では「財政削減」のため「公共施設」は「①長寿命化→②総量圧縮」と説明

「H29-広報-別冊資料 ⇒「②総量圧縮→①長寿命化」と逆転 - 現在これを強行は破壊と浪費… 

・この順序 - 実は「総務省-指針」にも逆行 - しかし強行は国策にも反する傍若無人、傲慢な施設の証し

  

・説明会- <「財政削減」のあり方-「正」>      ⇒   ・広報 - <「財政浪費」の手順-「誤」>

f:id:t2521:20201002092949p:plain  f:id:t2521:20201002095322p:plain

 

--- 高浜の「体育館」の実態 ---☆---

「体育センタ」は昭和52年(1977年)-築42年-面積-1260㎡の施設です- 市は「耐震」が問題と指摘

これも「早期解体」を計画中 - 同地は地震時-液状化で危ない - 施設設置は不適切とされてます

・しかし「鉄骨鉄筋コンクリート造-築42年」で「早期解体」は浪費 - 耐震改修があり方では… 

f:id:t2521:20200929191838p:plain

 

● 公共施設という「市民の財産」を私物化し、方針に反する「早期解体」は不適切な裏切りの証しです

早期解体」は、国や自ら定めた「財政削減策」である「長寿命化」からも逸脱は過ちの施政強行… 

  

<財政効果の比較検討>  

● 「体育センタ-大規模改修」と「サブアリーナ-建替」の財政効果の比較を試みました

「サブアリーナ-建替」は予算大の浪費 - 維持管理を倍額負担の設定ですから更に増額 -1億円超は明白 

  施設面積 工事単価 建設費 施設改修期   年単価
市体育センター 1,259㎡ 改修-20万円/㎡  252百万円   30年 8.4百万円/年
サブアリーナ    922㎡ 更新-36万円/㎡  332百万円   35年 9.5百万円/年

 

今後は「高齢者-激増」です -「体育館」拡充があり方では -「屋外運動場」の高齢者利用は極めて稀有?

「サブアリーナ-3.3億円-狭小化」は、未来の高齢化社会にも逆行の施設建設は破壊の "まちづくり" …

 

・「メインアリーナ-2,312㎡-8.3億円」は、一般利用が「土/日」だけの施設建設も不適切は過ち…

「市民ホール-年2.5万人利用」を機能集約され「体育館」では、魅力の無い施設となったのでは…

・せめて「サブアリーナ-市民体育館」に「ホール機能」を集約があるべき施設のあり方でした

 「こうもみじめな想いしか浮かばないのは-高浜だけ」は残念です 

 

<真の解体理由> 

なぜ「体育館センター」の「狭小-建替」を急がれたのか、その理由が判明しました。

「体育センタ-跡地」を「駐車場」にするためのようです - これに「1億円」追加は残念な施政の証し

 

・「碧海グランド」の駐車場は私有地のようで、この返却のため「体育センター」を解体が理由とは落胆

「同地」は「碧海公園」や「資料館」の駐車場があるのに隣に造れと要求? - 結果「体育センタ-解体」

・「広すぎる-碧海グランド」を面積削減策もあると思われますが、どうも、これは拒否 … わがまま …?

  言うなれば「体育C-跡地」は「+1億円-駐車場」の浪費です

 

<碧海町の周辺地図>

f:id:t2521:20201002133223p:plain

 

 <スポーツ施設の稼働率> 

●「体育センター - 稼働率 - 34%」- これを「40%」以下は問題とか?    (*集会室は「30%目標」です)  

・「碧海グランド-稼働率 -12%」- これは問題無しと不問は不適切な判定評価では…

・「碧海グランド」は「市内最大の広さ」 … これを「平日-活用放置」は市有財産の管理怠慢では…

 

・「グランド」の「高齢者-利用喚起」も必要かと思います-「高齢者」の健康づくりは医療負担の削減策

・気づきは「五反田グランド」は良好な稼働率「30%内外」は驚異 … これをお手本に見習うべきです 

 

f:id:t2521:20201002152147p:plain

 

市民の声を集め、施政に反映が「大家族」のまち-更に素晴らしい夢を

これを機に「市民ファースト」のまちづくりに方向転換を進言します

 

「体育C」- 移転建替えは「1億円」もの浪費が判明は残念です

  分れば分るほど不適切な血税の浪費は増えるばかりは裏切りです…

 

  市民参画による「未来の高浜」を構築は茨の道なのかもしれません

「未来の高浜市民」の最大幸福をめざす「まちづくり」があり方です

 

 (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸