t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査- 公共施設-総合管理計画 Ⅱ

施政や公共施設に関心を持ち始めたのは「中央公民館-築36年」の早期解体を強行されてから…

・ この時も行政や議員さんは「築40年は寿命-壊した方が安い」と説明で施設破壊を強行でした。

「公共施設」の建設費は、一棟-数十億円にも及び、正確丁寧な説明を戴き、市民の納得が必要です

 

・しかし、残念ながら、近年の高浜-施設計画は説明も無く、市民を代表する議会で決めたと強行は過ち

施設寿命は、より長期化し「百年先」を見据えて判断が必要です-これを40年寿命と説明し解体は乱暴

 

● その乱暴な計画と思われる「公共施設-総合管理計画」を確認したいと思います。

・ 余談ですが、まずは「県立学校-施設寿命-80年」に延長の昨年の記事をご参考までに再掲載します

「高浜」は「財政削減」と主張されながら「施設寿命-70年」を採用は疑問です

 

<県立学校-施設寿命-80年延命> *中日新聞-19.5.16-県内版 f:id:t2521:20201112090300p:plain

⇒  県も近隣市も「寿命-80年!」- 安城市-90年を採用 -「高浜-70年」は浪費の施政の証しです

 

----------------------------☆---

「公共施設-総合管理計画」は「H28年3月-策定」-「30年3月-改定」されました

 [検索] :  公共施設総合管理計画 - https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1572.pdf

・しかし、その内容は「ある作為をもち情報操作」された計画資料となっているように思われます。

 

<公共施設の比較>

当然かもしれませんが「刈谷市」が圧倒的に施設分野も多岐にわたり充実 - 高浜は「学校」中心

市は「税金」は近隣市と同率と説明されながら「公共施設」環境は雲泥の差と感じます 

<刈谷市>                                                                       <高浜>

f:id:t2521:20201112093208p:plain  f:id:t2521:20201112093342p:plain

 

<公共施設-市民一人当り面積> *「刈谷-総合管理計画」より抜粋 - 高浜は比較資料無し

●「高浜」は更に「公共施設は学校だけ」をめざして面積削減の予定 - 数年後、碧海五市-最低のようです

f:id:t2521:20201112093815p:plain

 

<施設-建設費用のシミュレーション>

「高浜」は、この建設周期を「現行-60年」を採用は「財政負担の増額工作」と思われ不適切

<高浜> -「60年」にて将来負担を推計 - 当然、施設費用は膨大に -「40年間」で「520億円超」と説明

f:id:t2521:20201112094715p:plain

 

<刈谷市> -「長寿命-80年」にて将来負担をシミュレーション推計 

f:id:t2521:20201112094607p:plain

 

矛盾に感ずるのは、上記シミュレーションの結果「施設寿命」を延長延命が必然であるのに、実際の

 施設建設は「庁舎-40年で解体」「高小-60年以前で解体」更に「倍額更新」を強行は財政浪費…

  言行不一致の施政施策は矛盾であり裏切りです

    ・庁舎-「リース-20年-32億円-施設建設-11億円、つまり「21億円」が運営維持管理費に化けてます」

 ・高小-「PFI-17年-50億円-施設建設-37億円」、つまり「小学校の維持管理に毎年-8千万円は疑問」

 ・分院-「運営補助」+「新館建替え」-「60億円」は「庁舎より分院大事の証し?」- 理由効果は不明

この三件の施設で「142億円」- 財政困窮と言われ、この大盤振る舞いは疑問であり犠牲は市民…

 

<高浜-施設管理方針>

・「早期解体-倍額建設」してから「長寿命」では、財政削減に反する方針を強行となっています

f:id:t2521:20201002095322p:plain

 

・巷の噂では・・・

● 「公共施設-総合管理計画」は「国-総務省」への報告書で建前計画は「①長寿命化」⇒「②更新」

・実態は業者優遇の「早期解体」-「②倍額-更新」後に「①長寿命? -70年」に転換強行は市民が犠牲!

 

●「70年採用」に思うのは「高小」を早期解体のため「他校」とのバランスの崩れを修正のため短期化 ?

・更に「業者支援策」として「早期-改修」して「短期-更新」を重ね「施設費」の増大化を図るためか…?

 (*他の小中学校に「改修-58億円」を投じ、その後、僅か「9年~15年」で「建替-116億円」は疑問 )

 

  いづれにしても「施設-百年」ではなく、目先の「巨額建設」を目指した施設計画は不可解であり疑問

  もう高度成長期は昭和の成功体験 -「平成-令和」は、成熟した安定成長という新しい時代様式に変化…

「公共施設」-「スクラップ&ビルド」方式からの大転換が必要です

 

----------------------------☆--- 

「高浜」の残念な点のもうひとつは「説明責任」を回避されること 

・例えば、他の自治体は「比較資料」を明示されるケースが多いのに「高浜」は自治体比較は隠ぺいです

市民の施政情報を「市内に限定」とすることで「井の中の蛙」状態とし不満抑制策なのかもしれません

 

<刈谷市-施設面積の比較>  

f:id:t2521:20201112115737p:plain

・庁舎建設では「建設費」をウソ説明で、「高小」は保護者限定で説明 -「倍額」建設は隠蔽で強行…

不適切な浪費建設を強行は「未来の高浜」と「後世の市民」を犠牲となる "まちづくり" となってます

 

----------------------------☆---

「早期解体-倍額建設」の仕掛けを構築は過ちです

「市民-主体」の施政 - ウソのない正確丁寧な施政展開があり方です

 

公共施設は市民の財産 -未来の高浜」「後世の市民」に伝えるべき

 

それにしても「リース事務所-20年」はどうしようもありません

もったいない血税32億円の浪費です-市民無視の施設建設の結果です

総合管理計画-策定前に建設強行は、独断独裁の証しです

 

(最後まで、ありがとうございました)                                                                                                 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸