t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共施設-倍額建設と施設使用料-倍額値上げの疑問

題名の通り「公共施設-倍額建設」と「その施設使用料-倍額値上げ」は疑問しかありません

・「財政削減」を目的とされ「高小-倍額-50億円建設」は特定業者が17年-長期にわたり維持管理を独占

市民が犠牲の「リース」に続く浪費の施設建設です - 合計80億円 

 

 <高浜小-建設事業費>  

建設工事-税込  維持管理  その他  合計
4302百万円  440百万円  220百万円 4962百万円
36.5万円/㎡ ⇒ 建築着工統計-学校教育施設-「27.5万円/㎡」

 

「高小」は愛知県-教育施設の建設相場の「3割高」で強行の可能性が想定されます - 一社独占の弊害

   ( *参考-「同等規模の埼玉県の縮充建設の小学校建設費 - [23億円] - 屋上プール付き -全国モデル校」)

 

● 高小併設-「サブアリーナ-672㎡」(「体育センター-934㎡」の代替施設) - 使用料は突然の「倍額設定」

あたかも「市民を『金のなる木』扱い」は、施政のあり方から逸脱ではないでしょうか…

 

・「体育センター」は、「駐車場-増設のため築42年」で早期解体とは不適切の限り…乱暴な私物化… 

「公共施設」は「長寿命-70年」(*他市は80年) があり方-公共施設管理計画からも逸脱の施政は疑問

・「耐震性」が問題と「庁舎」も「体育センター」も築40年で早期解体は浪費の積み重ね-補強があり方

 

<使用料も倍額の値上げ>

「体育センター」は「面積半面-750円/時」を「サブアリーナ-1,320円」はボッタクリ同然…

・「縮充」は「面積-狭小」だけ-従来、二競技-同時活動を一競技に削減し「使用料-倍額」は失敗建設

 

<広報-8月号-使用料>   *実に乱暴な価格設定と感じます - 市民の声も確認せず設定は傲慢な行政の証し

 

f:id:t2521:20201119090716p:plain

 

<隣市-碧南市の使用料> 

「時間帯別」「施設面積-分割」にて使用料設定は丁寧で緻密な仕事ぶりの成果と思われます

碧南市      勤労者 体育センター 面積-720㎡  
単位 金額 (時間換算) 面積当り
9時~12時 全面 1,950円 650円 0.90円/㎡
2分の1面    980円  327円 0.91円/㎡
3分の1面    650円  217円 0.90円/㎡
12時~15時 全面 2,370円  790円 1.10円/㎡
2分の1面 1,180円  393円 1.09円/㎡
3分の1面    790円  263円 1.10円/㎡

 

<サブアリーナ-配置図>

「配置図」では、恐らく「フットサル-コート-3面分割」- これを「使用料-全面限定」は疑問です

f:id:t2521:20201119093101p:plain

 

<高浜の残念な回答>

施設利用方法は「建設計画時」に立案があり方を「利用開始」してから調査検討とは無責任の証し

 

f:id:t2521:20201119092823p:plain

⇒「碧南市」の面積単価は「1円/㎡」-「高浜 - 1.96円/㎡」の倍額徴収は不適切な私物化施政の証し

 

「大家族-精神」を再認識して施政取組みを願いたいものです

 (* 思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま ~ ちょうどいいまち〜ちょっといいまち)  

 

 「公共施設」は倍額建設、「使用料」も倍額徴収…

 踏んだり蹴ったりの市民いじめは不適切な施政の証しです・・・

 

 

---「施政動向の疑問」 ---☆---

「高浜」施政に欠落は「丁寧・親切・緻密さ・誠実さ」と感じています。

施政に無関心な市民が多い事や、あえて施政情報を公開されず施政強行は、過ちの「まちづくり」

 

・繰返しますが・・・ 

●「サブアリーナ」に「ホール機能」を持たせれば、全市民の施設機能となり、平日利用も可能では…

高小に移管は疑問 … 義務教育の公平平等から逸脱、使用日は「平日禁止-土日だけ」も稼働率低下 

 

● 更に「マシン-スタジオ」も集約すれば、より多くの市民の体力-健康づくり機能となったのでは…

今後、到来する「高齢社会」への運動機能の集約があり方と思われ、狭小-単機能施設は疑問と矛盾

・「縮充」構想施設は「狭小」だけ -「機能充実」が欠落は残念であり、疑問であり、浪費は問題です

 

●「建設仕様-情報」を非公開・隠蔽のまま、「一社独占」の「倍額建設と、数十年の維持管理」委託

不適切な過ちの「公共施設管理」を強行は、私物化であり「高浜」のまちづくりを破壊です

  (*「高小-説明会」は保護者限定で開催-大部分の市民は説明も情報も無しで倍額建設は私物化同然 )

 

 公共施設は市民の財産 - 丁寧緻密で適切な管理を願いたいものです 

 

 (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸