t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「公共施設計画」の矛盾と浪費 Ⅲ (リース)

●「庁舎」を 全国でも希に見る「リース事務所」とは情けない限り - これが「20年」も続くとは無念…

実態は「市民」に説明責任を果たされず、行政と議会だけで過ちの建設強行は裏切りと無責任の証し

 

・例えば、多くの自治体は「施設建設」の時は「市民意見」を募集しますが「リースも高小も未実施」

血税「合計-80億円」もの大事業が行政の独断強行は「大家族」を無視された証しであり残念です

・庁舎-着工直前に説明-42名、高小は保護者だけに説明では不適切 - 大家族は不要な存在なのでしょうか

 

・今回も「不可解なリース事務所」について検討したいと思います

  

H26年1月 - 唐突に「庁舎施設-更新の基本方針」を作成され、5月-公表、6月-業者見学会を実施

 [検索] :   新しい地域活動拠点の形成を目指して―基本方針― - 高浜市ホームページ

市民に説明もされず、公表直後に建設着工強行と急がれた裏には不適切な仕掛けをされたと思われます

 ダンマリで施設計画 - リースの倍額更新を強行は不適切な失敗では

 

問題は「費用対効果」が未だに確認出来ません -「リース事務所」は数千万円~数億円レベルの浪費…?

これを把握されながら、市民にはウソ説明で強行は不適切であり、裏切りのハコモノ建設の可能性…

 

先に公表の「新しい地域活動拠点…」-基本方針-を、他市の動向と比較し検証を試みたいと思います

 

--- 「基本方針」 ---☆---

●「市役所-庁舎の現状と問題点」として ①「耐震」 ②「コスト」 ③「使用状況」を掲げています

① 「耐震性能」の強度不足は事実のようです - であれば「耐震補強」があるべき ⇒「解体」は不可解

・「学校」は耐震補強され「庁舎」は早期解体 -「リース」ありきの解体は不適切な私物化では…

 

② 「コスト」は「耐震補強-14億円」「建替え-25億円」 ⇒「財政状況には極めて大きな負担」とか

・かわら美術館に「累計-100億円」、分院に「60億円」の大盤振る舞いの浪費の結果であり必然です

 

③ 「使用状況」は「延床面積約7,700 ㎡ - 内、有効面積は47%の約3,600㎡」⇒ 面積半減を肯定です

・既に「福祉部」をいきいき広場に分離は不便な庁舎 -「縮充-一体化」の機会を逸失は失政の証し

次に「リース事務所」は狭すぎて「組織を分離分割」は余りにも乱暴な過ちと思われます

 

--- 「施設のあり方」---☆---

① 「公共施設」の耐震補強は「建替え」ではなく「補強」があり方です

「公共施設総合管理計画」では「財政削減策」として「施設寿命を長期化-70年」(他市-80年) 制定

 

・「高浜-旧庁舎」は、S52年-築40年は寿命半ば - 当然「耐震改修」が適正適切な施設管理のあり方…

    中央公民館も築36年を早期解体は「総合管理計画」も無視…

 市は「老朽化、壊したほうが安い」と詭弁で強行は裏切りです

 

・「体育センター-築42年」も「駐車場-増設」のため早期解体は「サブアリーナ-3億円」の浪費

「公共施設-老朽化」と宣言され巨額の血税を倍額投入は不可解であり業者優遇は浪費の連続です

 

これで気付きは「H28年-総合管理計画」を立案作成すべく「公共施設のあり方」を模索検討の途上…

この模索期の初期に「庁舎」と「高小」だけ先行して「民間独占委託-数十年」の施設建設を立案強行

   これが「公共施設-倍額建設」の仕掛けのようです - 私物化の証し 

   

② 基本方針は「コスト - 耐震補強-14億円 / 建替え-25億円」は極めて大きな負担と庁舎建設の説明額は

「耐震改修費  - 33億円」は倍額を超えて増額は不可解であり、ねつ造-水増しの証しかも…?

 

--- 「市HP」-庁舎建替え説明 ---☆---   *説明図は「リース事務所」竣工後、削除改ざんされました

「市計画資料」には「旧庁舎」を耐震改修が「33.2億円」とあり「37億円」はねつ造-水増しです

   (*この「市計画資料」もリース事務所-完成後、市HPから検索出来ない設定とされました - 隠蔽です )

このような裏切りは「犯罪行為」同然 - 不適切なハコモノ建設を強行は「高浜」破壊です…

 

「リース事務所-3,700㎡」と「旧庁舎-7,700㎡」の面積差-「4,000㎡」を「ゼロ円」評価は不適切

・公共施設-4,000㎡-更新を総務省単価-40万円/㎡で試算すれば「16億円」- これを「ゼロ円」扱い 

⇒「リース-35万円優位」と契約 - 事実は「旧庁舎が最低でも3億円は優位」- この裏切りは違法では…?

 

<ウソの財政比較-説明図> *リース竣工後に市HPから削除改ざんは虚偽説明の証しかも…

f:id:t2521:20201213110540p:plain

 

 

    巨額の血税投入の「ハコモノ建設」は不可解な現象が続きます…

 

③ 「使用状況」は「延床面積約7,700 ㎡ - 内、有効面積は47%の約3,600㎡」⇒ 面積半減を肯定です

・更に下記のように不可解な記述をされていますが、どう考えても納得できない内容です

 半分以上の面積が倉庫、機械室、駐車場等の共用部分で占められるという、資産有効活用の視点からは非効率なものとなっています。」-  事実と異なる説明 - ウソも方便と偽りの説明で強行のようです

 

<面積比較>

・旧庁舎-面積と外観

f:id:t2521:20201213113425p:plain f:id:t2521:20201102091533j:plain

 

・リース事務所   *結局-リース事務所は、狭すぎて「組織分割」は過ちの証し - 無謀な計画強行

f:id:t2521:20201213113441p:plain f:id:t2521:20201213122952p:plain

 

  不適切は初めから「リース-ありき」の「倍額施設」は破綻です

 

<庁舎面積のあり方> *ほぼ同時期に建設された他市庁舎の事例をご案内します

新城市-人口五万人-庁舎1万㎡

f:id:t2521:20201126221531j:plain f:id:t2521:20201213123931p:plain

 

・小野市-人口五万人-庁舎1万㎡

f:id:t2521:20201113140319j:plain f:id:t2521:20201213123949p:plain

 

両市に共通するのは「庁舎面積」の算定基準が同じです  -「高浜」はこれを無視は不可解であり無責任

・「総務省起債対象事業費算定基準」

・「国土交通省新営一般庁舎面積算定基準」

・「近年の庁舎建設事例に基づく算定基準」

結果-人口五万人では「庁舎面積-1万㎡」が適切を「リースありき-4千㎡-事務所」は市政も破綻

 

・相場は「建替-50億円-1万㎡-㎡単価-50万円」対「リース-33億円-3.7千㎡-㎡単価-90万円」

この費用単価では「リース事務所」が「財政削減効果」があるとは思えません

「鉄筋コンクリート造」より「鉄骨造」が倍額は不適切な事業かも…

 

仮に建替-50億円-80年-0.63億円/年」対「リース-33億円-20年-1.65億円」-2.6倍は浪費

 

 「リース事務所」は、市民の信託を裏切りの不適切な施政のようです

 「広くて安い-旧庁舎」を早期解体 -「狭くて高い-リース」を採用…

   市民を裏切りのメリットは何があるのでしょうか・・・

      

 「リース事務所」は後世の市民も裏切りの不適切な産物です

 「高浜 - アブナイ」- 市民が犠牲のハコモノ行政は今日も続行です 

 

 (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸