t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「公共施設計画」の矛盾と浪費 Ⅴ (決定経緯)

●「庁舎」を希にみる「リース事務所」は無念…?   この屈辱的施設を建設の決定経緯が不可解です…

・庁舎を、なぜ、どのように「リース」と決められたのか…  その経緯につき、確認したいと思います

「リース事務所」は「30億円-20年」で解体予定 - 公共施設の長寿命方針を無視は矛盾の施設建設です

 

・つまり「30億円」を支払完了の「20年後」は、次の本庁舎の庁舎建設を後世に課している計画は過ち

  22世紀-高浜施政の最大最悪の失策となる予感がします

 

---「リース-メリット」の疑問 ---☆---

● 市は「旧庁舎を寿命20年と設定」し「リース費」と比較されました。この比較表を作成してみました

⇒「公共施設-管理方針」では寿命-70年を「リース」のため20年に短縮で比較は初めから裏切り… 

 

  旧庁舎-改修 リース事務所 旧庁舎 / リース
事業費-億円  33.2  33.2 -35万円安価  100
施設面積-㎡  7,674  3,668  2.09
㎡単価-万円  43.26  90.51  0.48
施設寿命-年  30 -寿命70年  20 -リース契約  1.50

 

● 常識では「圧倒的に旧庁舎-改修」が優位かと思いますが、市は「リース-35万円安」が優位と選択

床面積「旧-庁舎-7,674㎡」と「リース-3,668㎡」-その差-4,000㎡を同額扱いは市民を裏切りの証し

・さかのぼれば「要求仕様書-H26年6月」も「基本方針-H26年1月」も「リースありき」の凶行計画です

 

  つまり、旧庁舎を早期解体し「リース」で建替えが当初からの構想

 「リース-35万円安」では大損を虚偽説明で強行は不適切な裏切り

  リース-メリット無しは明白であり、財政削減効果も無い浪費建設

  しかし、リース倍額強行の背景になにがあるのでしょう… 不可解…

 

  当時の段階では、議会審議も無く「行政」の独断計画と思われます 

 

結果 -「旧庁舎 - 面積7,700㎡-簿価推定-2.5億円」を「解体-1.6億円」は「合計-4億円」の大損害!

  この大損害の裏切りの施設が「20年」も存続するのです  

 

--- 「日程経過」の不可解 ---☆---

● 残念な「狭小-リース事務所」ありきの計画は「日程計画」も不可解な経緯を辿っていたようです

 

 事業計画-内容   日 程
実施方針の公表 平成26年5月30日
現市庁舎見学会 平成26年6月12日、13日
公共施設あり方検討特別委員会-第一回 平成26年7月4日-第1回
募集要項・要求水準書・審査基準の公表 平成26年8月11日

 

●「実施方針-公表」から二週間後に「業者-見学会」を実施は「特別委員会-7月」より以前に強行

・「公共施設-あり方特別委員会」は限定の一部議員 - よって議会審議無く「リース」強行では…?

明らかに「行政-独断専行」の証しであり、議会も市民も無視で強行は不適切な背景を感じます

 

・施政のあり方からも、コンプライアンス面からも不適切であり、異常な施設建設は手順逆行をも強行…

なにを焦って強行されたのでしょう - 確かに市民に説明すれば「大反対」が起こった可能性もあります

 

  結局 - 基本方針-H26年1月に「リースありき」を決断は裏切りです

  

● 計画当初から「議会」や「市民」にダンマリで、且つ、ウソ説明で強行は不適切な施政施策です

  結果 - リース事務所の「30億円-20年」は大損害です

  「リース事務所」に巨額の血税投入は過ちのシンボルです

  且つ「高浜の未来」に大きな悪影響となることは必至です  

 

----------------------------☆--- 

● 「財政削減」と言われ「リース-30億円」や「高小-倍額-50億円」を建設強行は疑問であり不安です

・今一度、立ち止まって「高浜の未来」のため「財政効果」を確実に検証する必要があると思われます 

 ⇒ 今こそ市民」と「高浜の未来」のための施設計画があり方です

 

● 今こそ、遵法精神を発揮して「自治基本条例」による「施設計画」の遂行があり方と思われます

 

・市政本来の究極のあり方である「市民ファースト」の施政を…

・市民参画による「まちづくり」「施設建設」「施設運営」を…

  「大家族」が快適で安全安心の施政施策を切に願うものです 

 

---血税浪費」の事業費 ---☆---

「リース事業者」を決定後に「価格交渉」も不可解であり裏切りではないでしょうか…

通常は「施設計画と事業費」をセットで比較検討があり方と思われますが「リース」は施設計画を先行

・「事業者」を先に決めて、後から「事業費」を交渉調整かと思われる推進日程となっています

この交渉調整結果が「35万円」も安い。と決定は、不信しかありません

 

  業者選定-内容   日程
提案書提出 - 2社 平成26年11月28日
ヒアリング・提案審査 平成26年12月8日
事業者選定結果の公表 平成27年1月7日
基本協定 平成27年2月
事業見積-事業契約 平成27年3月31日

 

・上記日程のように「事業者決定」から「3カ月」後に事業契約は不可解な調整期間と思われます

 この「リース-30億円」の妥当性も疑問を感じています - 今後、検証を進めたいと思います

 

 リース事務所は「議会」も「市民」をも裏切りのシンボルです

 

   (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸