t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「公共施設計画」の矛盾と浪費 Ⅵ (裏切りのリース)

●「庁舎」を「リース事務所」は裏切りの施設建設…  この屈辱的施設を決定経緯は行政の独断専行…

・市民に「ウソ」説明で誤魔化し建設は「高浜-百年」の未来も裏切りで、市政として不適切の極み

「旧庁舎」を「リース」は「施設面積-4,000㎡-10億円超」の財産を逸失であり大損の施設計画!!

高浜市民を笑いものにされた、その過ちの「リース事務所」建設を強行は不適切であり暴政です…

  

● 再度、「ウソ説明」を確認したいと思います。

<庁舎-外観> - 奥の施設が「裏切り-リース」    <旧庁舎-改修費 -「市が整備-37億円」がウソ>

f:id:t2521:20201102091533j:plain   f:id:t2521:20201213110540p:plain

「リース事務所」は「33億円-20年」-「差額-わずか35万円」を "安い" と契約は裏切りです

・「リース-20年-均等払い」は、H29年10月-消費税増税により支払い額は推定-約54百万円増額です

   (*この増税につき国は、H26年6月 -「消費税-増税」を「2019年10月」に延期と表明していました )

「35万円安い」と契約は「リース会社」との価格調整の失敗? か、施政得意の「業者優遇」の証し…

  施設方針も、価格調整も過ち - 血税を湯水の如く浪費は裏切りです

 

---「旧庁舎-改修費」---☆---

● 市HPに「庁舎-改修費 (下記)」が掲示されています - 上表では「市が整備-37億円」ですが…、

この見積合計額はなんと「33.2億円 - (含む光熱水費) 」-「リース事業費」と同額は「財政効果無し」

 

・施設面積 -旧庁舎-改修-7,674㎡」対「リース事務所-3,668㎡」は「4,000㎡-10億円超」の大損害!! 

これを「35万円安い (税抜き)」と契約は失政です - これを強行は不適切な「市民と高浜」を裏切り 

 「財政効果」もない、「4,000㎡」も狭いリース強行は失敗です…!

 この失敗を20年間も市民に押し付けは無責任の極みです…

 

<「旧庁舎-耐震改修」と「20年-維持運営費」> 

「リース」に合わせ「旧庁舎-寿命を-60年」に短縮し比較も「リースありき」の誤魔化しの仕掛けです

・「合計額は33.2億円」- これを「37億円」に水増しで説明資料を作成し施設完成後、資料改ざん…

 市民の信託を受けた行政が強行…議会も通過は無責任の証しです

 

--- 「旧庁舎-改修見積」 -------------

f:id:t2521:20201220095848p:plain

 

----------------------------☆---

   リースは22世紀-高浜施政の最大最悪の失策となる予感がします

・「20年後 - 32億円」を支払完了時には、次の庁舎「50億円」建設を後世に課している計画は過ち

     

● 簡単な比較-「リース-32億円-20年=1.6億円/年」 対 「庁舎-50億円-70年=0.7億円/年」は倍額負担!

これを「リースが優位」「財政効果」と説明し建設強行は過ちであり、裏切り説明、ウソ説明です

・旧庁舎も改修すれば「施設寿命は30年~40年」は延命と思われます…

  (*他市は施設寿命-80-90年、コンクリート寿命も100年超、コンクリート強化技術も確立されてます ) 

 

----------------------------☆---

 リース事務所は「市民」を裏切りと「血税浪費」のシンボルです

 「リース」財政効果は浪費です - 基金準備も無く庁舎更新も不可解…

 結果 - リース事務所の「32億円-20年」は大損害です

     且つ「高浜の未来」に大きな財政負担となることは必至です

  

● 問題解決は、遵法精神を発揮して「自治基本条例」による「施設計画」の遂行があり方と思われます

・市政本来のあり方である「市民ファースト」の施政が適正適切

・市民参画による「まちづくり」「施設建設」「施設運営」があり方

「大家族」を無視の施政施策を強行は過ちの施政であり裏切りです… 

 

--- 「第二の裏切り」 ---☆---

●「旧庁舎-改修」の見積は行政が自主作成と思われます - 基礎単価に「水増し-総務省単価」を適用

・つまり「総務省」が「2060年」までの未来予測単価を「40年」も前の今、施設建設に流用は水増し

結果 -「旧庁舎-改修-25万円/㎡」を適用は「3割高-5億円」も水増しの可能性は血税の浪費です

・実は、恐らく「高小-倍額-50億円」も同様の手法で見積られたと思われ連続の浪費建設を強行です

 

「試算例」

 ●「旧庁舎-7,674㎡」×「総務省単価-25万円/㎡」=「19億19百万円」となります

・「市」はリース支払計画に「施設整備費-19億62百万円」としています。これは水増しの可能性… 

毎年-公表される「国土交通省」-「建築着工統計年報」を基に試算すれば「改修単価-18.5万円/㎡」 

 

・これを基に「庁舎-改修費」を求めれば「面積-7,674㎡」×「単価-18.5万円/㎡」≒「14億円」

「リース事務所」の「施設費-19億円」と比較すれば「5億円」も水増しの可能性が想定されます

・これを「35万円」も優位と契約は不適切であり裏切り… -「5億円」も血税浪費の可能性…

 

次に「リース契約後」- 従来、市が直払いをリース委託は浪費と「光熱水費」は基に戻されたようです

・「光熱水費-2.7億円 (13,336千円×20年) 」- しかし、直払い項目は他にも数件 -これをリースは浪費?

「植栽/外構保守-16百万円+清掃-1億88百万円」+「電話交換-88百万円 + 宿日直-1億43百万円」等々

 「合計 -4億35百万円」- リースは施設費に加え、同額で維持運営をリース委託は不可解な扱い…

例えば「リース事務所」は面積半減のはず -「清掃費」が同額は値上げであり浪費では…?

 

  「リース事務所」の財政効果無しは明白で旧庁舎-解体は大損害です 

   いったい「リース会社-優遇」の理由はなにがあるのでしょう

    

 「財政効果」は「ウソ」の説明 

  「リース効果」を説明する「旧庁舎」の改修費は水増し

 「施設」に関係ない「清掃・電話交換・宿日直」まで委託も疑問… 

   この不適切なリース建設を強行は「高浜と市民」が犠牲です    

  

     (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸