t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 過ちのまちづくり Ⅱ (財政)

モールシティ-高浜にとって浪費などする余裕は無いはず…しかし現実は浪費の連続で財政運営の失敗

かわら美術館-100億円、民間病院-60億円、リース事務所-30億円、高小-50億円-合計 240億円は異常

・民間分院-10年-30億円補助のため基金喪失-庁舎をリース事務所で建替えは愚の骨頂-21世紀最大の失政

・本来、公共施設-長寿命化があり方を、更新してから長寿命を強行も失政の証しであり市民が犠牲です

 

●「高浜」の施設管理は不可解の連続 -「財政運営」も「使用料」も不適切は疑問であり不信の連続です

・疑問の「財政運営」は説明内容が、一般的に「近隣市」と比較されるのに高浜-単独掲載は隠蔽工作?

市民への説明責任を回避の「裏ワザ」ではと疑いたくもなるのは施政として不適切な証しでは…

・「高浜」- 単独の予算情報では「適否」判定が出来ず、「未来目標」も施政任せとなり危険です

  [検索] :   当初予算・決算の概要 - 高浜市ホームページ

 

・市民への「施政情報」に制限を加え「無知化」を図られているとしか思えません… 不適切の限り

結果 -「住みよさ=施政成績の証し」-「近隣市-100位以下」を「高浜-269位」はいかがなものか…    

---「財政-当初予算」の怪 ---☆---

財政運営は「市債(借金)」は少なく「基金(貯金)」は多くがあり方を高浜-逆行は疑問であり市民が犠牲

f:id:t2521:20210112140906p:plain

 

「高浜-借金-(一般会計)」は「H29年~R2年」の4年間で「26億円」も増加は準備無き証し 

H市作成の右図「西三河9市」の比較では「R1年-高浜-18.5万円/人」と多く、今後、更に借金増額とか

・これが「長期的な財政運営」とはとても思えません - 施設建設も財政運営も不適切の積み重ね…

f:id:t2521:20210112140935p:plain f:id:t2521:20210112140950p:plain

  

● 「基金(貯金)」は過少に減少 - これでは万が一の「災害対策」が打てないのでは…

f:id:t2521:20210112142127p:plain

 

「高浜-貯金」は「H29年~R2年」の4年間で「9億円」も減額。施設貯金も「5億円」では少なすぎ…

・疑問は従来からの「公共施設-更新計画」を「貯金積立」も推進されず「リース」や「PFI」を強行です 

初めから「民間資本」を充てにした借金建設は疑問です - 結果、建設費が「倍額」に跳ね上がり… 

H市作成の右図「西三河9市」の比較では「R1年-高浜-6.7万円/人」と少なく、今後、更に借金強行…?

 

f:id:t2521:20210112142210p:plain f:id:t2521:20210112142230p:plain

 

例えば突発的に発生の「コロナ対策」- 「堅実なM市はコロナ対策-56施策」-「高浜-24施策」と半減

「防災対策」の最重要施策は「基金積立」 - これが「高浜-過少」は"危険なまちづくり"となってます

ハコモノ」に注力の場合でしょうか… 安心安全なまちづくりを…

 「基金-9市平均」は「14万円/人」=「高浜」-30億円不足 - 病院補助費に相当はたらればですが残念

    (*「民間病院-補助」=「旧病院-10年-30億円」+「新病院-10年-30億円」+「α」の至れり尽くせり )

   

----------------------------☆---

・この「H市」ように、施設建設や予算の適正適切さを判定には「隣接市」との比較が必要不可欠

「高浜」は、他市は関係無いとこれを省略して「自市」だけを表記は市民を欺き裏切りの証しです

 

・「庁舎」を「リース事務所」に転換 - 更に、リースに「20年間-30億円」の倍額投入も不適切の限り

⇒「旧庁舎-面積-7,700㎡-改修-15億円」が「リース-3,700㎡-16億円」も面積単価は倍額に急増

・「維持管理費」と「運営費」を合わせて「合計-30億円」は浪費であり業者優遇の証しは不適切…

・疑問は「外構の維持管理費」や「電話交換・宿日直」までリースとする理由? - 管理経費を上乗せだけ 

・次なる疑問は「なぜ、旧庁舎」の大規模改修を検討されなかったのか - 初めから「リース」ありき…?

 

市民の「夢・希望・誇り」を奪った「リース事務所」は22世紀-高浜施政の最大の汚点です

「庁舎」を「リース事務所」とする大問題を市民説明もされず強行のメリットは何があったのでしょう

   不適切なまちづくりを強行された証しであり「高浜」私物化です

 

・「市民説明会」は、リース事務所-着工3ケ月前に実施も不適切であり裏切りであり私物化の証し…  

今にして思えば「住民投票」にも該当の大問題を独断専行は市民無視の高浜崩壊ともなる過ちでは…?

・行政の中枢施設は「庁舎」があり方を、高浜は「リース事務所」に落ちぶれたまちづくりは失政です

  「リース事務所」は「高浜」と「市民」が笑いのネタとなっているようです 

 (*筆者自身も「リース」と知ったのは着工-数か月後 - 多くの市民に知らされず強行は不適切な私物化 ) 

 

 原理原則を忘れ去られた浪費の施設建設は市民が犠牲です…

  その予算資料も市単独だけ - 近隣市の比較を隠蔽は裏切りです  

  

「高浜-市制50年」- 理不尽な施政、裏切りはまだまだ続きます 

「思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま」精神の回帰を切望するばかりです 

 

       (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸