t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高浜のコロナ感染状況

コロナ感染問題が顕在化し、未曽有のコロナ生活が、はや、一年を経過しました。 

・最近、ようやく「ワクチン接種」の日程が示され安堵感を覚えますが「高浜市民」の接種日程は、まだ

 まだ、半年も先のようです。

・それまで、巣ごもりの忍従生活は継続となり、「三密」や「自粛生活」だけが市民ができる対策です

改めて「コロナ生活」を送る覚悟と再認識が必要かと思います

・「言うは易く行うは難し」ですが、頭や心の片隅には置いておきたいものです 

 

● 高浜の「コロナ感染数」が「67件」となり、年代別に整理してみました

 

年代 10未満 10代 20 30 40 50 60 70 80 90 合計
感染数 3 11 24 8 7 5 2 3 3 1 67
構成-%  4% 16 36 12 10  7  3  4  4  1  
注意喚起                

 

・特に「20才代」をピークに「10代」と「30才代」の方々の感染割合が高くなっています

これは活発な生活行動のためと思われますが、市民や家族を護るためにも、より注意喚起戴きたいもの

 

・相手は「ウィルス」ですから感染防止は極めて難しく、当面、責任を自覚された自己管理の生活しかな

 いようです。

その自覚された自粛生活の結果、感染されたのであれば致し方ないと思います

 

そのツケは、ご自身の身体や精神面、最悪は生命に大きな影響を及ぼすようです

 我慢は、あと半年…なんとか年内には目途がつくようです

 

<高浜HP>から引用  

気になるのは、これで「10才代~30才代」へのアピールが徹底されているのかが疑問です…

お題目だけで、具体的な生活様式、生活行動が見えないのです…

f:id:t2521:20210121003312j:plain

 

施政は、市民にたいして、如何なる方針や施策を計画されているのでしょうか…

・「説明責任」と「周知徹底」そして「施策の早期展開」があり方と思われます

  コロナ禍も二年目です…後手後手では市民が犠牲です

・市民の協力行動や期待値と施政の施策につき具体的な計画と工程の公表がお役目と思うのですが…

 

 (コロナ禍の忍耐の自粛生活も年内のようです。ようやく先が見えました。頑張りましょう)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸