t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「市民無視のハコモノ建設強行」

●「公共施設」は「市民の財産」-「行政」のものと曲解し倍額建設は裏切りと私物化の施設建設…!

今回は「隣まち-安城」の「図書情報館 - アンフォーレ-PFI建設」と比較検討したいと思います

その施設建設の手順は「市民ファースト」- 高浜と全く異なり、高浜の異常性と市民無視が明白です…

 「財政浪費」のハコモノ-倍額建設は「市民生活」を不幸に… 

 

--- 「高浜」 ---☆---

<高浜小-PFIの進め方> * 強引な進め方は、私物化で市民無視の証し

 高浜小学校-倍額-50億円    日 程    参考目安
実施方針」等の公表 平成28年4月28日 市民意見無し
入札の公告、入札説明書等の公表  - 業者向け 平成28年7月13日  
入札説明書等に関する説明会の開催 -    〃       平成28年7月15日 公表から3ケ月
参加表明書の受付締切 平成28年9月30日  
入札参加資格審査書類及び入札書類の受付締切 平成28年10月28日  
落札者の決定及び公表 平成28年12月22日 公表から8ケ月
基本協定の締結 平成29年1月20日 公表から9ケ月

 

いきなり「実施方針」公表から、基本協定の締結まで、わずか約9ケ月で強行は私物化の証し…

市民意見」も「市民会議」「市民説明会」も省略し、強引推進で業者優遇の倍額建設は裏切りです

小学校建設に「血税-50億円」もの巨額投入を議会さえ通過すれば問題無しと強行は市民無視の証し 

・施設費に倍額を投入 -「施設-使用料」も倍額負担を市民に強要は強奪同然の施政は市民が犠牲です…

 

 「基本協定の締結」まで、施設情報を公開せず秘密裡に推進は疑問…

 市民不在・施設情報の隠蔽 - 私物化の証しであり不適切な施政です

 

次なる施設問題は「庁舎」を「リース事務所」に建替えも、行政と議会の独断で決められたこと

「リース事務所-3,668㎡-20年」で解体契約を強行建設は、「高浜-財政」を破綻破壊の計画です…

 

・20年後の「次期-庁舎-50億円」を建設の「基金準備」も未着手で強行は無責任な "まちづくり"

 ⇒ 施設プランでは R15年から「あり方検討」とされ「5年」で可能な基金積立額は雀の涙では…?

・あるいは「あり方検討時、基金無い」と更なる「リース継続」の布石計画なのかもしれません…

  倍額建設は次代の市民を犠牲とする過ちのハコモノ建設です

   (*「庁舎建設-実施方針」には旧庁舎改修-14億円と記載のはず -「リース-30億円契約」)

 

・「実施方針」-「新しい地域活動拠点の形成を目指して」より抜粋  - 「庁舎建設」について

 ②改修内容とコスト試算
 ・ 現用地での建替えの場合約25 億円、耐震補強と劣化・老朽化対応等の改修を行う場合でも約14億円 

  の費用がかかるものと試算されます。市の昨今の財政状況には極めて大きな負担となります。

 ⇒ 無謬のあり方は「旧庁舎-築40年-7,668㎡」を「14億円-40年-使用継続」が財政削減と思われます

 「リース事務所-3,668㎡-30億円-20年」で解体契約が優位とは如何なる判断基準なのでしょうか?

 

    これでは「市民」と「高浜」を裏切りはいかがなものでしょう… 

 

--- 安城 ---☆---   *「他市は関係無い」とは、比べると「高浜-施政」の過ちの判明を阻止する用語…

 

隣まち-安城市にみる「市民ファースト」の進め方をご確認ください 

<安城-図書情報館>  *事業費-約54億円 (含む-情報システム-9.3億円、駐車場表示システム-6千万円)

 

 安城-図書情報館-アンフォーレ-44億円  日  程  参考目安
中心市街地拠点整備構想策定懇話会の設置 平成19年1月30日 市民参画
中心市街地拠点整備構想策定懇話会による提言書提出 平成19年10月29日  
中心市街地拠点整備基本構想の策定 平成20年3月  
中心市街地拠点整備基本計画(素案)の作成 平成21年3月  
中心市街地拠点施設を考えるフォーラムの開催 平成21年6月25日 市民会議
基本計画(案)の公表及びパブリックコメントの実施 平成21年12月~1月 市民意見
中心市街地拠点整備基本計画の策定 平成22年3月  
中心市街地拠点施設フォーラムの開催 平成24年6月14日 市民会議
事業計画(案)の公表及びパブリックコメントの実施 平成24年9月~10月 市民意見
中心市街地拠点整備事業計画(案)説明会 平成24年9月~10月 市民説明会
中心市街地拠点整備事業計画の策定 平成24年12月 約6年経過
民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律第5条に基づく「実施方針」の公表 平成24年12月25日

 

市民意見

業務要求水準書(案)の公表及び意見募集
実施方針等説明会の開催   平成25年1月9日 業者説明会
提案書類の提出締切    平成25年9月25日 約6年9ケ月
優先交渉権者の公表 平成25年12月11日 約7年経過
事業契約の締結 平成26年3月24日 約7年3ケ月

 

「公共施設-建設」を「まちづくり」の視点から捉え「市民参画」の懇話会から開始は無謬のあり方

市民意見」や「市民会議」「説明会」を重ね、実に6年を費やされ「実施方針」を策定は間違い無く

・今では、驚異の「年間-延べ百万人規模」の利用施設となっているようです

 

パブリックコメント」の募集期間も「安城-1カ月」対「高浜-2週間」- 市民意見を重視度も半減…

スローガン -「大家族たかはま」とは、市民無視を隠蔽の言葉ではないでしょうか…

 

--- 「高浜」 ---☆---

  高浜の財政基盤はこのままでは不安が広がります  

  介護保険料も「西三河トップ」-「県下でも上位の高額」とか…

  その高浜は「ハコモノ」は「早期解体」「倍額建設」は過ちでは…

 

 

--- 安城市の施設管理方針」 ---☆---

公共施設-管理を丁寧に、適正適切に施政を推進されている「安城市」の事例を確認したいと思います

 

安城市-公共施設-管理方針」 

f:id:t2521:20210313194618p:plain

 ⇒安城」は「長寿命化」を第一に - 対「高浜」は「方針2」と「方針1」を逆転し早期解体を強行です

       (*「中央公民館-築36年」「旧 庁舎-築40年」「青少年ホーム-築42年」「体育センタ-築42年」… )

       高浜は、まだ利用可能な公共施設を「早期解体」し「倍額建設」は「財政削減」なのでしょうか…

 

安城市-公共施設-施設寿命」 

f:id:t2521:20210313194645p:plain

安城」は「長寿命 - 90」対高浜 - 70年」は「財政削減」より「業種優遇」を優先では…??

  (*近隣市 -「刈谷・碧南・知立・西尾」は「80年」のようです - 高浜-施設寿命は最短の設定です )  

 

     ハコモノ-公共施設は巨額の財政投入となり、市民生活に大きく影響するため監視が必要です

  行政や議員さんの「早く壊したほうが安い」とは、残念ながら市民を騙す「方便」のウソ説明です… 

  安易に信用は後世の市民も犠牲です… 過ちに気付きが大切です…

     

       (最後まで、ありがとうございました ) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸