t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 過ちの「公共施設計画」Ⅲ - かわら美術館

先日、高浜市市議会議員が発行の「議会ニュース-つうしん」を受取りました。

・驚きは「かわら美術館」に、また「30億円」を改修投入の計画の情報です。 

 

<倉田りな-つうしん-Vol.7より抜粋>   

f:id:t2521:20210426092557p:plain

 

----------------------------☆--- 

「かわら美術館は、高浜では財政的に重荷の公共施設となっているようです。

・市も、公共施設推進プランでは「H33年-民間譲渡」と数年前から計画推進中…

f:id:t2521:20210426094650p:plain

 

● 市-情報公開資料では「かわら美術館建設費-H6年-合計約41億円」にて完成。

・施設完成以来 - 25年経過で維持運営に「45億円」- 合計「86億円」超を投入。

市内の公共施設では最大規模の財政投入の施設です。これを「民間譲渡」も疑問…

・これが市民が知りえる限りの情報レベル - 実態は、更に、上回るのでは…?

 

・確かに「鬼瓦」は、美術工芸的要素はありますが、この工業製品を美術品として

 展示の魅力や産業促進面への波及効果は現時点では疑問となっていることも確か…?

   という非常に判断が難しいハコモノとなっているようです。

 

・素人的には「90億円」を瓦産業の活性化に補助支援が有効活用の道だったのでは…

 

--- 「美術館」来場者数の疑問 ---☆---

● 資料等では「かわら美術館」の入場者数は「11万人」と示されてますがこれも疑問

・過去に入手した高浜-公開資料では「入場利用者-平均-2万人」のはず…

・隣の「K市-美術館」でさえ「年間-8万人」のようです。

f:id:t2521:20210426100746p:plain      *「利用者-11万人」は疑問です…

 

----------------------------☆---

「財政面」を検討したいと思います

市が多用される「総務省単価」にて試算してみます。

・「総務省」が、公共施設の更新・改修を約40年間に渡り簡略的に見積の単価です

「高浜」は、この数十年先の単価を用い「リース事務所」や「高小」見積に使用…

f:id:t2521:20210426101509p:plain

・数十年先の見積単価を、現在の施設建設に適用は「水増し見積」となります。 

当然、業者優遇の建設費となり、落札率が99%台では高収益の工事となります

  これでは「財政削減」と逆行のハコモノ建設です

 

「リース事務所」は更に、20年間も維持運営を独占事業は不適切な関係では…

・「総務省単価」で見積、更に、契約は38万円も安いと33億円契約は不適切 !!

 (*東大阪の支所は「施設管理」だけ-20億円。高浜-33億円は無駄遣いと不適切)

 

この水増し「総務省単価」にて試算見積し比較してみました

かわら美術館  面積-㎡  建設費  大規模改修
総務省単価  4,669  19億円  12億円
実績・計画  -  41億円  30億円

 

「かわら美術館」は建設費も改修費も総務省単価の「倍額」は無駄遣いと不適切…!!

  市民を裏切りと無駄遣いのハコモノの象徴です

 行政執務も疑問ですが議会も監視機能を失っています

 

<公共施設-長寿命化> 

● 公共施設の長寿命化は「財政削減」のため、最も簡単で有効な施策です。

・「高浜」は、逆行を強行 - 「中公-36年・旧庁舎-40年・青少年ホーム-42年」で解体

・更に、施設を長寿命化と言いながら、他市は「80年~90年」を「高浜-70年」を強行

「早期解体」+「倍額建設」+「施設寿命-短期」は業者優遇策であり財政無駄遣い

・「長寿命化」という施設の短期改修も疑問です

 

f:id:t2521:20210426184332p:plain

例えば「かわら美術館」は築26年。大規模改修には、まだ「9年」も先の話しでは…

・そして「35年時」には「水増し総務省単価」でも12億円が「30億円」とは不可解…

これを市民説明されず「忖度議会-通過」だけで強行されることは市民無視の施政

  残念ながら「高浜-財政」は私物化されてます 

 その使途が「業者ファースト」は市民が犠牲です

 

----------------------------☆---

このように「公共施設-ハコモノ」は巨額のムダ遣いとなり監視が必要です。

・問題は「市」は、この無駄遣いの情報を極力-隠蔽を図られる事。

⇒ 例えば、他市は「公共施設-白書」を公開され「公共施設」の維持運営や財政負担

 を明示し、利用者数も公表されています - 「白書」を作成されないのが隠蔽の証し…

 

<岩倉市の事例> *「瑞浪市」でも同様の白書を作成されています

f:id:t2521:20210426103810p:plain

 

 

 このような情報操作は「高浜」を私物化の証しです。

   更に、巨額の財政や血税の使途は無駄遣いの連続…

 

「公共施設-使用料」を近隣市-最高額は血税搾取の仕掛け

 

  この余りにも理不尽な施政は改めるべきです!!

 

 

--- 繰り返します ---☆--- 

   公共施設-縮充は失敗です- 倍額建設は財政の無駄遣い

  その実態は不適切な業者優遇の独占工事を強行の仕掛け

 市民無視の「縮充」は「高浜と市民生活」を破壊です

 

 「市民ファースト」のまちづくりを切に願うものです

 

 「大家族たかはま」や「ちょっといいまち」は言葉だけ

 「しあわせづくり計画」の原理原則から逸脱の施政です

 

----------------------------☆---

 高齢者にとって、未だにコロナワクチンの接種日程も不透明は不安な毎日です…

 

  (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸