t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設 -「縮充」の失敗 !

市は「財政削減」と称し、公共施設を「縮充 - 規模は縮小、機能は充実」と建設強行

・しかし、実態は「施設は狭小」なのに「建設費は倍額」、「使用料も倍額」は市民生

 活を犠牲は失政であり、結果-「縮充」は失敗!! - 無駄遣いの施設計画と思われます…

⇒「リース事務所-30億円」「高小-50億円」に財政効果はありません … 街を破壊です

 

「財政削減」を旗印に掲げ「民間分院を移転のため、中央公民館-築36年で解体」…

・「体育センター-築42年」も、隣接するグランド利用者のため早期解体は浪費の連続

 今回は、高浜小学校の縮充建設の結果につき、再検討を試みます

結論は「縮充建設」の倍額建設は、財政効果も機能充実も疑問の施設となりました

 

--- 「高小-縮充建設」の結果 ---☆---

 <問題の高小-駐車場 >

いつも、ガラ空きで気持ちはいいのですが、これが縮充効果でしょうか…? 

f:id:t2521:20210430152356j:plain

 

「学校内に駐車場-約200台」を増設追加されたことは最たる疑問です。その理由は 

・高小-体育館の背景は「民間分院の移転ため、中央公民館-市民センターを早期解体」

 を強行- この代替施設として「同-体育館」を「劇場型ホール」とされたのです…

「民間分院」のため「中央公民館 - 築36年」を早期解体とは前代未聞の失政です 

・「高浜初の住民投票」にまで至る大問題だったのですが、投票率が未達でした

 

● しかし「体育館」が「劇場型ホール」として代替機能を発揮できるのでしょうか…

・同体育館の東側は私鉄が通り、騒音・振動が問題 - この対策は完璧とは思えません…

ホールの静謐さは確保されたのか?  音響効果(残響・遮音) は確保されたのか? -説明無し

 

・「ホール解体」は、高浜-文化芸術も崩壊となったようです - 学校発表会も低迷では…

「民間分院」のため「プールは解体」「校庭」も狭小化し駐車場を増設」とは…?

  民間分院ファーストで「60億円補助」は犠牲が多すぎ

 

--- 「学校配置図」 ---☆--- 

「学校」に駐車場-200台を確保のため「校庭」を半減は、児童も犠牲では…?

「駐車場」が満杯となる機会は年に何回あるのでしょう… 駐車場-利用率は低迷です

 

<縮充-前>               <縮充-後> 

f:id:t2521:20210430191918p:plain   f:id:t2521:20210430191956p:plain

 

● この駐車場のため「プールも解体」- 代替地として「校区外」の1km先が移転先…

体育室もあった「勤労青少年ホーム-築42年」を早期解体し民間プール会社に貸付け?

・この造成工事も、当初「約9千万円」落札を無効とし「プール会社」に2億円発注に!

 

噂では「9千万円」落札後、支払条件として「3年-分割払い」を突付け落札辞退させ 

「プール会社」には工事ではないと、特命にて2億円発注し、支払いも通常払いとか…

実に、やりたい放題の施政と映ります… 真に、私物化の兆候です

  (* これは訴訟問題まで発展し、現在、名地裁にて係争中のようです )

 

● 敷地貸付けも、当初「20年貸付」を、契約直前に「30年」に延長も疑問です

・更に、当初「水泳指導料-年間2百万円/校」で済むと説明を、契約は「3百万円/校」

高小-建設も「37億円」で済むと説明が「結果は50億円」は業者優遇の無駄遣い

これも「民間業者-15年間-維持管理-独占」の不適切な仕掛けとなっています…

 

旧-校庭の樹木も全て伐採は自然破壊では… - 学校は環境教育の施設です…

<縮充-前> 旧高小-校庭         <縮充-後>  

f:id:t2521:20210430201529j:plain   f:id:t2521:20210430201735j:plain

・「緑」の無い校庭は殺伐とした印象を受けます - 夏の熱中症予防機能も破壊です 

 

--- 「高小-財政削減効果」 ---☆---

「高小」だけ「倍額-50億円建設」は疑問です - これが縮充効果… 

・教育環境は、平等公平・公正があるべきを「高小」だけ優遇は不適切!! 

小学校 高浜小 高取   港 吉浜 翼-改修
建替費-億円 48.7 20.4 16.2 21.1 17.8
児童数-人 646 508 416 760 665
児童-万円/人 754 402 388 277 268
高小-児童比 100   53   52   37   36

 

「高小」だけ「建替費-児童一人当り-754万円」もの高額は異常です 

⇒ 他の小学校は「二分の一~三分の一」とは異常な差別であり不適切です 

 これで、納税率・納税額を同様では失政です

 

「財政削減」の「縮充建設」は失敗であり無駄遣い

「市民5万人」と後世の市民生活を犠牲としています

    

----------------------------☆---

・高浜-公共施設計画の失敗の始まりは「中央公民館-築36年」の早期解体です

<解体前の-中央公民館>

f:id:t2521:20210430202428j:plain

<施設概要>

f:id:t2521:20210430211110p:plain

「高小」に代替施設は「体育館-900㎡」+「地域交流施設-150㎡」と「計-1,050㎡」
・つまり「4,091㎡」が「1,050㎡」は四分の一 - 面積削減だけ - 機能は消失です…

 結果 - 全国5万人未満の自治体では公共施設-面積が最小

 

<公共施設-面積> 

縮充が必要な自治体は平均<赤い線>より上位の街が必要な施策

公共施設-面積が全国最下位の「高浜」が縮充は、市民生活が低落です

f:id:t2521:20210430221847p:plain

 

「公共施設」を次々と「早期解体」+「倍額建設」は高浜財政をも崩壊では…?

市は税金は近隣市と同レベルと説明ですが「公共施設-面積」の格差は数倍下落

・「行政サービス」を比較すれば近隣市とは雲泥の格差拡大となっています

 

<サブアリーナ-使用料>

「高小」を倍額建設したからと、「施設-使用料」も倍額設定も疑問です

「公共施設」を財政削減と「縮充建設」が財政効果無き倍額建設は失敗

 

●「施設使用料」を値上げの原因は、失敗建設を市民に押し付け - 失政の証し…

この失敗を認めようともされず「他市も体育センタの使用料も関係無い」と弁明は

 市民無視であり、行政本位の主張説明ではないでしょうか…

   これが「大家族」を目指すとされる施政の実態です 

 

下表の通り「西尾市」と比較すれば「2倍」どころか「4倍」もの高額設定

・これを適正適切とは、行政のあり方や執務姿勢にも不信感が湧きます。

  西尾-体育場 高浜-体育C 高浜-メインA 高浜-サブA
面積-㎡ 1,250 934 900 672
使用料-円/時間 625 1,490 1,760 1,320
㎡単価-円/㎡ 0.50 1.60 1.96 1.96
分割使用  有り  有り  有り    無

 

 この使用料-倍額からも「縮充」は失敗の証しです…

   高浜財政は大丈夫でしょうか… 貯金は限界のようです

   ご関心ある方は、高浜市HPをご確認ください…

    [検索] :  当初予算・決算の概要 - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

 

  (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸