t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設 -「縮充」の失敗 - たかぴあ

「高浜」の公共施設の倍額建設は失敗です - 財政削減と説明が縮充効果はありません

・先回の施設建設の経緯を辿れば、自ずと建設計画の裏に仕掛けを設定が見え隠れ…

「リース事務所」も「高小-50億円」も行政の独断で建設強行は過ちです。

・その独断の裏に「特定業者」を優遇の形跡が見え隠れしています… 私物化の証し

 

  公共施設は「寿命-百年」が究極のあり方のようです

 市民の財産を丁寧に大切に維持管理戴きたいものです

 これを市民参画や意見反映も無く独断専行で強行は不適切

 

・今回も「高浜-ハコモノ計画」の矛盾と無駄遣いにつき再確認してみます 

----------------------------☆---

H26年6月-「公共施設あり方計画(案)」として、現有施設の動向を報告されました

・基本方針は「次世代につなぐために公共施設を賢く使うことへ」とされてます。

つまり「従来の早期解体」を改め「長寿命化」を図る方針と受け止めました。が…

 

実態は「早期解体」を強行の連続 - 当時でも「施設寿命は60年」と制定のはず

「中央公民館-築36年」「旧庁舎-築40年」「青少年ホーム-築42年」「体育センター-

 築42年」・「大山公民館-築35年-閉館」「図書館-築40年-分散予定…?」・・・ 

 市民に説明無く、早期解体・早期閉館を強行は矛盾であり乱暴な施政です。。。

・「公民館」は「全市民の財産」を地域住民に限定して検討は過ちであり裏切り 

 

 公共施設は行政の財産と勘違いが過ちのもとです

 公共施設は市民の財産 - 市民の理解と納得が必要です

 

----------------------------☆---

次の疑問は「あり方計画」より先に「庁舎と高小」の建設構想を密かに立案の痕跡…

それは H26年1月-「新しい地域活動拠点の形成を目指して」と題する計画資料です

 

・本来は、市民意見を募集したり、市民参画で立案すべき計画が行政独断で立案強行

結果は「血税を無駄遣い」の「早期解体」+「倍額建設」を連続強行となりました

 

● しかも、建設入札は「突然-公表」と「短期-入札締切」を強行は入札業者の限定策…?

・いわゆる、不適切な「出来レース」を構築の疑いが濃厚かと思われます…

結果 - 応札は「リース-2社」、「高小-倍額-50億円」は1社… これが仕掛け…?!、

 

 

●「リース」は、「維持運営-20年」も独占委託を追加し「10億円」を積み増し… 

・「維持運営費」は面積-倍の「旧庁舎」と同額 - 財政削減効果は「無し」

契約経緯も「通常-業者決定後-1カ月」で契約を、数か月後に契約も不自然…

 

・ リース事務所の清掃費-年間1千万円も含みます- 20年独占は「2億円事業」です

恐らく担当は「高浜-総合サービス社」- であれば、なぜ、直接発注しないのか… 

 

● 他の自治体にて「リース事例」が「東大阪市」にありました…リース社は高浜と同じ 

東大阪市は支所 -「同時期・同規模」を「20億円」契約 - 維持運営は市が手配担当 

「高浜」は「総合サービス社」があるのに「間接発注」は不自然であり無駄遣い…

・浪費の「20年-独占契約」を締結し、特定業者優遇の仕掛けを構築は裏切りでは…

 

・「旧庁舎-大規模改修-14億円」と説明が「リース事務所-30億円-20年」に変更!?

財政効果を「リース」は「3.8億円」も得と説明 - 実態は「38万円」とウソ説明!

 

 この落札率 -「99.99%」- 異常な高率が裏切りの証し

  まさに「高浜-ハコモノ計画」は矛盾と業者優遇で強行

 市民を裏切りも公然と強行は、施政のあり方を逸脱です

 

 ----------------------------☆---

●「高小」も縮充は「13施設-37億円」で済むと説明が、実態は「10施設-43億円」

「幼稚園-2.5億円」「いちごプラザ-1億円」「図書館-6.8億円」-計10億円を除外

 にもかかわらず「更に7億円」をも追加を強行とは「縮充-財政効果-無し!!」の証し

 

   結果 -「特定建設業者」が15年の長期に渡り事業独占!!

    高浜施政は矛盾と無駄遣いを強行はあり方を逸脱です

 

 

--- 「縮充」失敗 - たかぴあ ---☆---

直接被害は「サブアリーナ-使用料」の値上げ - 他市と比較し「2~4倍」の使用料

市は「他市も旧体育センターの使用料」も関係無い- 倍額建設により値上げ当然! と

 「縮充-失敗建設」の責任を市民に押し付けの証し

 

● H26年6月-「公共施設あり方計画」は「縮充」を誘導すべく現有施設の使用率を報告

・例えば「集会施設」として「中央公民館」の使用率を低いのは問題と説明です

 

<集会施設> 

● 当時「中央公民館」-利用者は年間-7~8万人。市内最多、唯一の全市民対象の公民館

これを「民間分院」からお願いされたと早期解体は乱暴な特定の団体業者を優遇

 

・下記の利用率も「9時~22時」の会館時間を年間349日-計4537セルを母数として試算

「母数」を最大多数化を図り、「利用率」を低下せしめる評価方法の仕掛けです

    (*確か「安城」は「午前・午後・夜間」と一日を「3セル」として利用率を判定です)

 

・結果 - 「中央公民館」利用率 -「30%」以下は不適切と判定し早期解体へ…

市内-唯一の「劇場型ホール」も解体し、代替施設は「高小-体育館」では転落です 

 

f:id:t2521:20210515111604p:plain


 

「中公- 2千㎡」を、代替施設-「地域交流施設-たかぴあ-200㎡」は10分の1に縮充

・構造的には「学校」の教室を3室と「和室」だけの、工夫もない、魅力も無い施設

  (*「和室」は「春日庵」の代替 - 茶庭や茶室もある風情豊かな施設を和室だけ…? )

 

<たかぴあ-使用率>

5月-第1週の使用率-「約4%」-「中央公民館」は30%以下で低いと解体は問題です

「たかぴあ」は魅力も無い、使いづらい、入りにくい施設を倍額建設は失敗です  

 

f:id:t2521:20210515120109p:plain


 

<運動施設> 

● 「体育センター」は、高浜-唯一の市民対象の運動施設 - 築42年。

これを「耐震性が無い」「浸水被害」があると早期解体も乱暴な判断 

・隣には「武道館や図書館」があり、耐震補強すれば良いものを解体は市民無視 !!

 ⇒ 聞けば、本当の理由は「隣のグランド-野球場-利用者」の駐車場増設のため早期解体 

「駐車場-施設」の利用率は劣悪 - 体育C解体は暴力同然 

  

・「中公-利用率」は「30%」以下で低いとし、「体育C」は「40%」以下と指摘?? 

 その場限りの「ご都合主義」の理由で「公共施設」を早期解体は乱暴な施政の証し

・「グランド利用率 -12%」のために「34%」を解体し、代替施設を狭小は私物化

 

f:id:t2521:20210515121515p:plain

 

<サブアリーナ-使用率>

5月-第1週の使用率-「約70%」- 驚異的な使用率であり、予約不可能な状態です

・希望日時を選択し、申し込んでも、回数を減らされたり、日時変更されたり…

「施設計画」は「集会施設」より「運動施設」を拡充があり方と証明されました

・「公共施設あり方計画」は過ちの計画です - 更に縮充・倍額建設は血税の無駄遣い

 

「体育センター-1,260㎡-使用率-34%」を「サブ-A-672㎡」に縮充は失敗です

・運営開始 - 数か月で、運営管理が混乱 - 予約受付が「市民要求 (ニーズ) 」に対応不能

 

「高小-倍額-50億円」の建設責任を市民転嫁は不適切です

「高小-倍額-50億円」は市民より業者優遇の建設です

 

<サブアリーナ-予約表>  

● 「体育センター-早期解体」は過ちです - 更に面積半減で代替とは失敗建設です 

・高浜の運動施設は不足しているのです - 駐車場のため早期解体とは "もったいない"

 "もったいない" 施設計画であり、過ち - 間違っています

  

f:id:t2521:20210515123052p:plain

 

・幾度も繰返しますが・・・

市民被害は「倍額建設」したと使用料を値上げ - 浪費建設の責任を市民に押付けです

⇒ これを「他市は関係無い」「旧施設も関係無い」「受益者負担」と説明は傲慢です

 

   行政サービスのあり方をも逸脱は疑問に感じています

 質の高いサービス提供実現こそ信頼を得る施政のあり方

「高浜」破壊の公共施設の管理の実態は裏切りの連続です

 

 

<公共施設のあり方>

●「高浜」の公共施設は脆弱です - 5万人未満の自治体では一人当り面積 - 全国最低! 

・従来より施設面積は狭いのに、更なる狭小化は市民生活を犠牲であり、破壊です。

・この破壊を強行し「業者優遇」の倍額建設は市民ザービスの低落であり裏切りです

 

   早期解体は「説明もなく、市民の理解や納得もなく」

   建設強行は無駄遣いの連続であり不適切極まりません

 

 「高浜」の納税は他市と同じと説明されます。

    しかし、市民側からみれば、「高浜-行政」の費用対効果は劣悪です

  公共施設の建設費は倍額 - 「義務教育-施設」は平等公平があり方

  特定業者を優遇の高い落札率 - 「リース事務所-落札-99.99%」は異常です 

  サブアリーナ-全面-使用料-1,320円は、近隣市と比較すれば倍額です

 

  これを「納税-同率・同額」とは市民を裏切りの証し

  このままでは「高浜」- 市民生活は最低です・・・

  施政-本来のあり方を取り戻して戴きたいものです

 

        施政のあり方とは・・・ 

   質の高い行政サービス提供による 幸せづくりであり、

   市民の信頼を獲得の道のようです

 

   (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸