t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか114施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体。一方、高小建設は50億円超。庁舎は、リース事務所に20年契約で30億投入の財政効果無きハコモノ建設を推進強行しています。   しかし、判明は、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口-5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を果たされず、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、高浜の市民生活は破壊となります。市民の監視を高めるため情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 「縮充」失敗 - たかぴあ Ⅵ

「高浜」は「大家族」と提唱されながら「市民」に施政を考えさせないよう情報隠蔽

・例えば、他市は、市HP検索で情報入手可能 - 高浜は「情報公開-手続き」が必要…

「情報公開」しても、黒塗り資料で回答される事態も… 市民は抗議の訴訟中とか…

 

● 事業費用の詳細見積や落札価格、契約や支払計画を なぜ非公開 -なぜ隠されるのか?

・「国」同様に「怪しい」「やましい」施政を強行されている証しでは…?

公共施設の倍額建設も「総論説明」に終止 -「個別施設」の説明は極めて限定的…

 情報-非公開は「市民の無知化」を強行の証しです

 

「市民」には、施政情報を限定して、考える機会を剥奪は、施政を私物化の証しです

・結果 - 庁舎を全国唯一の恥ずかしい「リース-30億円」の業者優遇は議会も素通り…

費用説明も、リース竣工後まで、独自整備は「37億円」を要すると大ウソ説明…

 

・実際は「38万円」差で契約。施設寿命-「旧庁舎-30年」対「リース20年」は大損!

面積も「リース-3,668㎡」対「旧-庁舎-7,674㎡」-旧庁舎-優位は明白を早期解体!

f:id:t2521:20210429050802j:plain *<「リース事務所」竣工後、市HPから削除改ざん>

不適切な仕掛けの一つは「市民説明会」を着工-3ケ月前にされたことは、決定通告!

説明会に 参加市民は「40名」だけ - 情報発信を制限も不適切な施政の仕掛けです 

  リースは「情報隠蔽」と「市民を無知化」の成せる業…

 

----------------------------☆---

「高小」だけ「倍額-50億円」も不公平不平等な教育環境を高小校区は了解と強行

   実に不適切な私物化が横行しています - 虚偽説明の連続

 

--- 「人口推移からの"まちづくり"」 ---☆---

「高浜」は比較的、人口構成が若い街と言われるようです。しかし・・・必ず、

・「高齢化社会」は到来となります - この時代に備え「財政蓄積」を図るべき…

 ⇒ しかし、近年「公共施設」を「早期解体」や「倍額建設」を連続は無駄遣いの証し

  業者優遇のハコモノ行政は「高浜」の未来を破壊です

 

--- 「高浜の人口推計」---☆---

H28年-「公共施設のあり方-説明会」において、行政は高浜人口動向の説明を「全国推計」を取上げて説明は、市民を欺く説明であり残念しかありません- 失望しました

 <全国と「中京圏の高浜」の人口推移とは全く異なります  >

f:id:t2521:20210617062319p:plain

「高浜も将来、人口激減と説明の図」- 縮充の必要性を訴えられました・・・

 

●「高浜」では「あしたの高浜」に、約1千万円を投じ「人口推計」を策定中でした

なぜ「高浜」-人口推計に外部機関? (責任者-行政) に割高委託が必要なのでしょう…

・しかし「人口推計」は様々な機関で実施 - 本当に1千万円も要する内容でしょうか?

・確か、つい最近も「あしたの高浜」に、再び「予算獲得」されたとか… 監視が必要!

 

●「人口推計」は、通常執務の重要課題として、当然、取組むべき責務と思われます

例えば、高浜では「待機児童」も発生しているとか - これも人口推計のミスの結果?

・「職員数」も全国-最低を強行は、職員に過剰負荷となり、執務の質も低下では…

 

<高浜の人口推計> (*「あしたの高浜研究所-作成」- リース事務所に事務局あるとか )

    (*この資料作成に「数百万円~約1千万円」を投入も疑問です…) 

f:id:t2521:20210616002314p:plain

 

「公共施設 (ハコモノ) 」方針を検討策定に当たっては「人口推計」は大きな要因です

・「適正適切」な行政サービスを展開提供には、その人口構成の傾向が重要となります

「高浜」人口推計は「2025年」頃に「5万人」を超え、2055年まで横這い傾向…

 

・「高浜」人口推計では「2010年対2060年」は「約1割-増加」と推計されてます

国全体「2010年対2060年」は「3割超の減少」と推計 - 高浜も同様と説明は不適切!

 つまり財政削減のため縮充の必要性の根拠は希薄です

 

幾度も繰り返しますが・・・

● 当初「人口-3割減」は大幅な税収減 - このため公共施設を縮小と説明が破綻では… 

「高浜-人口推計-1割増」による税収減の度合いは説明無しで施設削減は乱暴です 

 「早期解体」「倍額建設」は矛盾のまちづくり-破壊です

 

<年代別の人口推移>

● 15歳未満-「年少人口」は、2010年をピークとし、以後、緩やかな漸減を示し横這い

●「生産年齢人口」は2030年-約34千人ピーク - 2065年-約27千人と35年間で2割減…

これを「税収減が顕著」とし、「財政削減」が必要と「倍額建設」を強行は矛盾

  

2020年代に「問題解析や対策案を立案」- 2030年代に「施政対策」すべきを早期化

施設寿命-70年を策定しながら「築40年」を寿命と早期解体は血税の無駄遣い…

「早期解体」の施設は築40年 - 30年の猶予を「業者優遇」を優先され早期解体

 

●  次に注視すべき問題は・・・「老年人口」の激増です

・老年-65歳以上は、2010年-7.6千人が、20年後-「2040年」には約15千人に倍増!

<高浜-人口構成の変化>   *(高齢化は2040年から顕著に進行すると予測されてます) 

  年少人口 生産年齢 老年人口 合計
2010年  7,600人  30,000    7,600   45,200人
2060年  6,400人  28,000  15,200   49,600人
増減比   84%   93%   200%    110%

 

  ハコモノも「倍増する老年対策」が最重要課題では…

 

「公共施設」は面積削減が必要と「早期解体」と「倍額建設」を繰り返されました

「市民を無知化」し、ウソ説明で公共施設を建替-財政-無駄遣いで強行は裏切りです

・「国」は施設の長寿命化を提唱 - 将来、残すべき施設を市民参画にて選択検討と指導

 

●「高浜」は「施設を早期解体」「倍額建設」してから「長寿命」と詭弁説明 

「虚偽説明」を強行で公共施設を解体建替えは、不適切な裏切り… 実に残念な施政

 

●「公共施設-寿命-70年 (他市-80年) 」を鑑みれば「百年」の視点が必要は自明の理…

・自ずと「リース事務所-20年-30億円」は、典型的な財政の無駄遣い!

・「高小-倍額-50億円建設」は、不平等な教育施設を早期建替えは失敗です

その証しが「他の小学校施設」は「建替え」ではなく「大規模改修」を採用の計画

    業者優遇を仕掛けられ「早期建替」は 高浜を破壊です

  

--- 「老年者の市民生活」---☆---

内閣府」調査による「高齢者社会白書」(H30年版) から高齢者の行動ニーズを確認

注目は「趣味やスポーツを通じた活動」- つまり「集会室」や「運動施設」が必要…

f:id:t2521:20210616090037g:plain

 

「高浜」は財政削減と言われ「倍額建設」を強行し「集会室」「運動施設」を狭小

・「高浜」の「高齢者」は人口倍増 -「集会室」「運動施設」の拡充が必要です

「市民ニーズ」や「高齢化社会」に逆行の施設計画は「市民生活」をも破壊です

 

<早期解体施設>

「集会室-3,300㎡」を、たかぴあ「200㎡」に狭小は疑問 - 校舎内では静粛さが必要

「声を出すのは健康効果」のカラオケも「休日」しか利用出来ない事態は利用率低下

・狭小・縮充施設に倍額建設を投入は「使えない施設」のようです - 無駄遣いの証し

早期解体  中央公民館   大山会館   青少年ホーム
集会施設    2,000㎡     621㎡     694㎡

 

「体育センター」を早期解体の理由は、グランドの駐車場を増設のためとは過ち…。

・代替施設は「面積-半減」と「使用料-倍額」も、高齢化社会への福祉政策にも逆行!

余りにも理不尽、不適切な施設計画の根本は「私物化」で判断されていること

 

・「サブアリーナ」競技面積は「672㎡」に半減は困惑 - 予約しても満杯で調整が発生 

・「学校行事」優先 -「騒音対策」のため「利用しない予約」が発生も縮充失敗の証し  

早期解体  体育センター 
運動施設    1,260㎡ 

  

 巨額投入の「人口推計」も「老年者-倍増」も無視 - 倍額の縮充建設は裏切りです!  

 

愛知県-類似自治体 -「岩倉市」と比較すれば公共施設の劣悪は一目瞭然 - *(再掲)

自治

 岩倉市

 高浜

 比較

 施設例

     用途

  床面積-㎡

  床面積-㎡

 高浜 / 岩倉

 高浜

図書館

  2,521

  1,707

  0.7

 

生涯学習

  2,022

   560

  0.3

  たかぴあ

市民体育館

  7,967

   922

  0.1

  サブアリーナ

庁舎

  10,455

     3,668

      0.4

  リース事務所

消防署

      2,651

         519

      0.2

 

小 計

    25,616

      7,376

      0.3

 縮充-失敗

 

 「岩倉市」と比較 - 高浜の公共施設-「半減」は異常です!

 「高浜-百年」の展望もなく、業者優遇の縮充は失敗

  人口倍増の高齢化社会に対応出来ない縮充狭小は失敗!

 「公共施設」失敗は「高浜-百年」の市民生活を破壊です

 

----「縮充は失敗」 ---☆---

「高浜」の公共施設の市民一人当りは全国最低は「縮充済み」- 更なる狭小は失敗です

・公共施設の劣悪は、「財政運営」と「ハコモノ行政」の失敗が原因です

失敗例 - 主な要因は「分院補助-60億円」「美術館-90億円超」「リース事務所」

 「高小-倍額-50億円」… これだけで「230億円」もの不適切な財政運営…

 

 問題は、この「財政運営」の失敗を、市民に転化されていること… 無責任の証し

 

<東洋大調査 (2012年) - 全国自治体-人口別-施設面積>

人口-42.5千人~45千人の自治体 -「高浜」は全国最低は「縮充済み」!!

f:id:t2521:20210616161150p:plain f:id:t2521:20210616161214p:plain


  「'12年-縮充済み」を更なる削減は市民生活を破壊です

 「私物化-施政」から脱却が市民の切なる願いです

 「大家族」- この施政の具現化が施政のあり方です  

 

   (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸